短編1
  • 表示切替
  • 使い方

来客

これは父が独身時代に体験した、自宅に仕事の後輩が泊まりに来た時の話です。

父は実家を出てから何件かのアパートで一人暮らしを経験しており、度々ラップ音など怪奇と言えるような体験をしているそうですが、その時の部屋ではこれまで特にそう言った体験はなかったそうです。

nextpage

その晩

父はロフトに、後輩は床に寝たのですが、父はふと夜中に目を覚ましました。

とは言っても、別にトイレに行きたい訳でもなく、眠いので目をつぶったままでいた所、足元のハシゴを後輩が登ってきました。

這って近付いてくる感覚が布団越しにありましたが、後輩は何も言いません。

父は眠くて面倒なので目を開けず

「何?何かあった?」等何度か声をかけていましたが、いつの間に眠っていて朝を迎えたそうです。

nextpage

しっかり目が冴えた頃に父は昨夜の事を思い出し、後輩に何の用でロフトに登ってきたのか尋ねました。

すると

nextpage

「え?登ってませんけど?…それより〇〇さん(父)、夜中僕の枕元バタバタ歩いてましたけど、大丈夫でした?」

幸い、その後その部屋で何か経験する事はなかったそうです。

Concrete
コメント怖い
4
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@あんみつ姫 初めまして!コメントありがとうございます(「-ω-)「
アパートってなんか幽霊とか自殺とか不穏なイメージが何故かあるんですよねぇ…幼い頃にこの話を聞いて(そのアパートは別に事故物件とかではないのですが)、アパート怖いと思ったものです(笑)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信