届かない声(吹き溜まりパートⅡ)

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

届かない声(吹き溜まりパートⅡ)

今日こそは今年四十路に突入するオレも、彼女いない歴=年齢という不名誉な肩書きを、脱出するつもりだったよ。

nextpage

身長は170センチに若干届かない塩顔のフツメンで、年収は300万を行ったり来たり。

今時の女子たちのいう、いわゆる理想の男性像には

程遠いかもしれないが、そんなことを気にしていたら何も始まらない。とにかく行動しよう、と、年明けの初詣で誓ったんだ。

nextpage

それで前月、張り切って挑んだとある恋活パーティーで、何と32歳の介護士の女性と知り合ったんだ。

nextpage

はっとするような白い肌で、しかも美形でスレンダー。ドキドキしながらも勇気を出して、声をかけると、意外にも好反応。

お互い話題も共通して意気投合。

nextpage

一回目のデートは、彼女行き付けというイタリアンでパスタランチの後、湾岸をドライブ。

終始笑顔だった彼女に別れ際、緊張しながら二回目のデートを切り出したら何と、すんなりオーケー。

nextpage

そこで今日は奮発して、都内にある四ツ星ホテル内にあるフレンチレストランで、コース料理を予約したんだ。

nextpage

午後六時半きっかりに、彼女が登場。

白のミンクコートが眩しい。

セミロングのストレートの黒髪と透き通るような肌に見とれながら、着なれないスーツの袖を気にしつつ、話題をと切らせないように終始頑張ったよ。

彼女も食事の間、よそ見なんか一度もしないで、優しげに微笑み続けていたんだ。

nextpage

─これは、もしかしたら、、、。

オレはこれからの彼女との未来に、胸を膨らませていたんだ。

nextpage

決して安くはない会計を済ませたときは、八時を過ぎていたな。

nextpage

「少し歩こうか?」

と言って、夜のビジネス街を颯爽と歩きだしたのだが、なぜか彼女が付いてこないんだよ。

nextpage

振り向き、後戻りして、一抹の不安を感じながらも尋ねてみる。

「どうしたの?」

nextpage

しばらく彼女は顔を伏せたまま立ち尽くしていたんだけど、やがて途切れるような小さな声で、こう呟いたんだ。

「ごめんなさい。あなたとはもう会うことは出来ないの」

nextpage

軽いめまいを感じながらも、頑張って尋ねてみたよ。

「ど、、、どうして?」

nextpage

彼女からの返答は、予想もしなかったものだった。

「実は昨晩、ずっと音信不通だった彼氏から電話があって、、、」

nextpage

その後も彼女はしばらく何かしゃべり続けていたようなのだが、なぜかオレの耳は両方ともほとんど機能を停止していて、全く聞き取れなかった。

nextpage

ただはっきり言えることは、彼女と会うのは今日が最後ということだった。

separator

その後オレは、どこをどう歩いたのか、全く記憶がない。途中、何度となくすれ違う人とぶつかり、罵声を浴びたりもした。

nextpage

そして、ようやく駅にたどり着いたのだが、構内は人で溢れかえっており、どうも様子がおかしい。

駅員に尋ねると、人身事故があったらしく、上下線とも後一時間は復旧の見通しがついていない、ということだった。

途方にくれながら、ふらふら駅周辺を歩いていると、駅前テナントビルの真横に、古びた一軒の喫茶店が目に入ってきた。

nextpage

─あれ、、、こんなところに、喫茶店なんかあったかな?

オレは特に理由もなく、重々しい木の扉を開ける。

nextpage

カラカラカラーン、という音とともに、かなりキツイ脂の匂いが鼻をつく。

それから小ぢんまりとした薄暗い店内を見渡す。

nextpage

ワインカラーのカーペットに、同色のソファー。

壁には、ビートルズのラストアルバム「アビーロード」のジャケットが飾ってある。

奥には、五、六人座れそうなカウンター。

その向こうには、白のワイシャツに黒い蝶ネクタイのマスターらしき男性。

まるで、昭和の時代にタイムトリップしたような内装だ。

nextpage

オレは、窓際にある二人がけのテーブルに腰かける。

マスターが、おしぼりと水を持ってきたので、メロンソーダを注文した。

しばらくすると、緑色のソーダが目の前に置かれた。

ストローで一口飲んだ後、ふと顔を上げたら、

向こう側の二人がけのテーブルに女性が一人、

こちらを向いて座っている。

nextpage

年齢は、、、30代後半くらいかな。いや、もっといってるかもしれない。

ロングのストレートな黒髪に、細面の顔。

黒のタートルネックのセーターを着ていて、かなり痩せているようだ。

華奢な長い指で長い黒髪を軽くかきあげると、ゆっくりとコーヒーカップを口元に近づける。

nextpage

それとなく目線を動かしていると、何度か目が合ったような気がした。いつもなら、それで終わるのだが、なぜかその時のオレは違っていた。

今日のことで、少しやけくそになっていたかもしれない。

彼女が次にこちらの方を向いたタイミングを見計らい、思い切って

「こんばんは」と、

声をかけてみた。

nextpage

彼女は一瞬少し驚いたような様子を見せて、オレを見たのだが、すぐに先ほどの落ち着いた表情に戻り、またコーヒーカップを口元に近づける。

nextpage

「あの、、、ここには、よく来られるんでしょうか?」

オレは必死に言葉を繋げていく。

nextpage

果たしてオレの声が聞こえているのか、いないのか、向こう側のテーブルの彼女はちょっと考えこむように窓の方を覗きこむと突然、後ろを振り向き、口を開いた。

nextpage

「すみません、、、駅に人が多いみたいですけど、何かあったんでしょうか?」

nextpage

「え!?駅に人?あ、、それは」

nextpage

意外な質問をされたオレは、どぎまぎしながらも最後まで説明しようとしていたら、カウンターの向こう側にいたマスターが、しゃべりだした。

nextpage

「あ、あれね。人身事故があったらしくて、上下線がしばらく不通になっているみたいだよ」

nextpage

「人身事故?」

nextpage

「うん、、、詳しくは分からないが、40代くらいの男が線路に飛び込んだらしくて」

nextpage

「え?飛び込み自殺ですか」

nextpage

「みたいだね。」

nextpage

そう言って、マスターは困ったように白髪混じりの頭をポリポリ掻くと、チラリとオレの方を見た。

Concrete
コメント怖い
6
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

むぅ 様
コメント、怖いポチ ありがとうございます
お褒めの言葉をいただき、恐縮です

返信
表示
ネタバレ注意
返信