短編2
  • 表示切替
  • 使い方

デパートの少年

とあるデパートで聞いた話。

separator

nextpage

そのデパートは創業が昭和のはじめ、地元民なら誰でもコマーシャルソングを歌えるという老舗だった。

長い歴史がある分、いわくもある。

一階北側の女子トイレは出るとか、屋上から飛び降りた人がいるとかの、どこかで聞いたような眉唾な話がほとんどなのだが、一つ群を抜いて奇妙なものがあった。

【子供を車に乗せないでください】

そんな意味不明の看板が、地下駐車場に立てられていたことがあったのだという。

昔、おかしな噂が立ったのだそうだ。

昭和40年代頃のこと。買い物を終えて帰ろうと車に向かうと、駐車場で男の子が一人でウロウロしている。不思議に思って声を掛けると、

『家族が先に帰ってしまった。途中まで乗せていってほしい』

と訴えるのだという。

今の時代であれば迷わずデパートの事務所か警察に連絡して、それでお終いにするのが普通だ。しかし、良くも悪くも昭和の時代、中には親切で男の子を車に乗せてあげる人もいた。

するとありがちな話だが、事故を起こすのだそうだ。もちろん、乗せてあげたはずの男の子は車中から消えている。

嘘か本当かはわからないがそんな話がチラホラあり、困ったデパート側が例の看板を設置したのだという。

separator

nextpage

「僕はその駐車場で交通整理をしてたんだよ。一時期妙な看板が立っていたのはホントだけど、おかしな子供なんて見たことないな。

でもねぇ、一度だけなんだけど。

車に乗り込もうとしたあるお父さんが、誰もいないところに向かってぶつぶつ言って、まるで誰かを乗せるみたいに後部座席のドアを開けて、また閉めて、ってしたのは、一度だけど、見たよ。その日の帰りは、事故渋滞に巻き込まれて大変だった。もちろん、あの車が事故をしたのかどうかはわからないけどね。

夕方になるとあの駐車場は、薄暗くてなんだか気味が悪かったなぁ。店の偉い人たちは、なにか知ってたのかもね。あんな意味不明で不気味な看板を立てたんだから」

デパートに勤めていたことがあるという男性は、そう締めくくった。

「その看板、もうないんですか?」

「平成に入る前に撤去されたよ。その頃には噂も下火になってたしね。なんというか、車に乗せてあげる人がいなくなったんだと思うよ。噂もあったし、なんといっても怪しすぎるよね。まぁ、世の中が世知辛くなったのも、確かなんだろうけど」

男性が言うには、駐車場で男の子を見たという話だけは、彼がデパートを定年退職したつい最近まで残っていたそうだ。『駐車場で男の子が一人でいる』『じっとこっちを見つめてきたが、迷子ではないか』という連絡が、時々事務所に入ってきていたという。そのたびに様子を見に行くが、それらしき子供を見つけられたことはなかった。

「幽霊も、時代には逆らえないということかなぁ。となるとますます、あの老舗デパートにはがんばってほしいねぇ」

男性は感慨深げにそう言った。

Normal
コメント怖い
2
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

街の老舗デパートが次々と消えていく今。色々な逸話や物語がありますね。

返信