中編3
  • 表示切替
  • 使い方

月の裏側を知る男

怖いというよりは不気味な話になります。

2年前くらい、私は不眠症に悩まされていました。寝ようと思ってもなかなか寝付けずに、生あくびと寝返りを繰り返して、最終的に意識を失うようにして眠りについていました。

そんな日が続いていたある日、私は自然に眠りにつくことができました。明晰夢と言うのでしょうか。これは夢だと感じるような不思議な夢を見ました。

nextpage

夢の中で、私は医師の診察を受けています。彫りの深い髭面の医師で、今までに出会ったことのない人でした。

「眠れますか。」

医師が私にそう尋ねました。

いえ、眠れません。と答えようと思ったのですが、今は眠っているんだよなと考え直して、返事に戸惑いました。

「大丈夫、眠れないのでしょう」

返事につまった私を見て、医師は微笑みました。私は戸惑いながらも、医師の言葉に頷きました。

「あなたはもう少ししたら、目覚めます。そこで月の裏側を知る男に会ってください」

医師は妙なことを言いました。

「月の裏側を知る男……」

「えぇ、目覚めたら、部屋の窓から月を見てください。それから、コップ1杯の水を飲んで眠ってください。大丈夫。そのときはすぐに眠れるはずですよ」

医師の言葉に返事をする前に、視界が歪み、体が投げ出されるような形で、私は夢から目覚めました。

nextpage

おかしな夢を見たものだ。そう思い、何もせずに再び眠ろうとしたのですが、目が覚めて眠れません。仕方がない。馬鹿らしいと思いながら、私は夢の中で医師に言われたように月を見ました。

そのときの月は青白く、丸々としていました。その日は満月ではなかったはずなのに不思議に思いました。まだ、夢を見ているのかもしれない。そう思いながら、水を一杯コップに汲んで、飲みました。

水を飲んでから、私は再び布団にもぐり込みました。軽く目を閉じただけで、体が重くなり、眠りに落ちる感覚がわかりました。

nextpage

夢の中で目が覚めると、私は荒涼とした砂の大地に立っていました。横には薄手のコートを着た人物が立っています。おそらく、男性です。帽子を深く被っているのと、コートの襟を立てているので、顔はよく見えませんでした。

「眠れませんか」

その人が尋ねました。声は先ほどの医師と同じ声でした。私が頷くと、その人は私の背後にまわって私の背中を軽く押しました。

「ここの空気を吸い込みなさい。ここは月の裏側です。ここには人間たちの夢が溶け込んだ空気が流れているから、少し持っていくといい」

私は意味がわからないと思いながら、空気を吸い込みました。しばらくすると、とてつもない眠気に襲われて、視界が歪みました。

nextpage

朝になって、夢から目覚めました。奇妙な夢を見たものだ。 夢で見た荒涼とした風景が頭にこびりついています。医師のことも出会った男性のことも不気味に思いました。

ただ、不思議なことにその日を境にして、私はぐっすりと眠れるようになりました。満月を見ると、誰かに見張られているような気分になります。

Concrete
コメント怖い
4
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@むぅ 様
読んでいただき、コメントをありがとうございます。
少し不気味な夢でしたが、睡眠不足が解消されるとなると嬉しい気持ちです。むぅ様もゆっくりお休みください。

返信

@アンソニー 様
読んでいただき、コメントをありがとうございます。月にはたくさんの不思議が詰まっているような気がします😊

返信
表示
ネタバレ注意
返信

なるほど😃確かに気味の悪い夢ですね。人の夢がたくさん詰まっている空気とは。

返信