長編9
  • 表示切替
  • 使い方

宇宙の声

wallpaper:1063

私が大学時代に流行った、

『この電話番号に電話すると、宇宙の声が聞こえる。』

と、言う噂。

何とも在り来りな都市伝説とでも言うのだろうか。

(地方によって、

内容が異なるかも知れません。)

separator

ある夜、

仲の良い男の先輩の家で、

先輩と私の彼氏との3人で、お酒を飲んでいた。

暫く談笑していたのだが、

『宇宙の声』

の話になった。

3人が、言いたい事を喋り出す。

「本当に聞こえんのかな?」

「いやいや、普通に

" この番号は現在使われておりません "

パターンだろ。」

「でも、本当に聞こえたらどうする?」

と、いつしか笑いのネタになっていた。

そうして、

「つーか、そもそも、

電話番号も知らないしねー。」

と、話を終わらせる感じで私が言った。

すると、待ってましたと言わんばかりに、

先輩が偉ぶって言い出した。

「オレさ、、、知ってんだよね〜」

「はっ?マジで?

じゃあ、かけてみようよ!

でもさ、何で知ってんの?

ウソの番号なんじゃないのー?」

「いや、本当だって。」

「何処から入手したのか、言いたまえ。」

「記憶にございません。」

「あー!?」

「いやぁさ、

なんか知んないけど、知ってんの。

オレ、意味不明だよな?」

私と彼氏は、深く頷いた。

「まぁ、みんな気になってるし、

とりあえずかけてみようよ、宇宙に。」

そうして、

携帯からはダメだと言うらしく、

先輩の家には有難い事に、

家電があったので、

まず先輩が、最初に電話をかけてみた。

2、3度かけたが、繋がらずに

" プツッ " と、電話は切れたらしい。

次に彼氏がかけてみた。

しばらくコールが鳴っていたらしいが、最終的には " プーッ…プーッ… " と電話は切れてしまったようだ。

私は、

「この電話、スピーカーにならないの?」

と先輩に聞いたが、出来るかも知れないけど、やり方が分からんと言う。

そうして、最後に私がかけてみた。

コール音は鳴らない。

暫く無音。

すると、突然、

『アーーーーーーーーー』

と、かなりの大音量で、

機械音的な、

女性の様な、女の子の様な、抑揚も無い声が聞こえ出した。

かなり気味が悪かった。

その声に混ざって、

何か別の小さい音も聞こえる。

それは小さ過ぎて、何を喋っているのかは聞き取れない。

しかし、羅列された文字を、

凄い早口で、ずっと話している様に聞こえた。呪文の様にも感じたが、この声も抑揚が無い。

私は、驚きと不気味さを覚えたが、

やはり電話が繋がった嬉しさが勝り、

「声が聞こえる!」

と、興奮気味に2人に言った。

「えっ?ウソっ? マジで!?」

まず、先輩が受話器を耳にあてた。

暫く無言の後、

「すげー!聞こえる!!」

そうして、彼氏に受話器を渡した。

彼氏も暫く無言だったが、

何も言わずに電話を切ってしまった。

「何で、電話切んのー?

せっかく繋がったのに勿体無いじゃん!」

先輩と私からは、ブーイングの嵐だったが、

彼氏は何も言わなかった。

「まぁ、声が聞けたし良いよね」

と言う事で、彼への非難は収まった。

separator

そうして私達は、

電話の話題で盛り上がり始めた。

「なんかさ、ちょっと気味悪かったよね、

呪われたりして、笑。」

私が冗談ぽく言うと、

「あぁ、そうだよなー!

あの笑い声には、オレもゾッとしたわ。」

と、先輩も冗談ぽく言った。

( 、、、??)

「え、何? 笑い声って。」

私は先輩に聞いた。

「だって、お前も聞いたろ?

狂った様に笑ってる女の声。かなり気持ち悪かったわ。」

「いやいや、

私、女の笑い声なんて聞いて無いけど。」

「また、そうやってウソつくー!

ありがちな、ビビらせテクニックだろうけど、そんなの怖くないですけど?」

「違う!本当だって!!」

その場がシーンと静まり返った。

「じゃあ、何が聞こえたん?」

先輩が、私に聞いた。

「私は、、、

抑揚の無い機械的な、女の人の声。

息継ぎもしないで、

ずっと、『アーーーーー』って言ってんの。

で、それの他に、小さい声で凄い早口で、

何かをブツブツと言ってる声。

でも先輩は、

女の笑い声が聞こえたんでしょ?

私と先輩って、違う声を聞いたって事!?

じゃあ、、、」

私が聞く前に、彼氏が話し出した。

「オレが聞いたのは、、、

2人とは、また別の声なんだよね。

何かさ、

デパートとかで流れるアナウンスあんだろ?

あんな感じのアナウンスが、

流れてきたんだよ。

繰り返し、繰り返し。

最初は、小さい声でよく聞こえなかったんだけど、3回目くらいにやっと、言ってる事が分かってさ。

それで、電話を切ったんだよね。」

「 、、、え?

何で、電話切ったん?

アナウンスは何て言ってたん?」

私は、かなりの恐怖と好奇心で、彼氏に聞いた。

「いや、大丈夫だから。」

意味の分からない返事。

「何が大丈夫なんだよ?」

先輩も、彼氏の態度が気になり始めた。

彼氏は黙っている。

「ねぇ、どうしたん?」

私と先輩で、彼氏を問い詰めた。

暫くして、彼が言った。

「迷子のアナウンスが流れたんだよ。」

「迷子?」

彼氏が頷いた。

「どんな内容だったの?」

「それは言えない、、、。」

「何で?よっぽど怖かったん?」

「いや、

そういうんじゃない、、んだけど、、、」

私と先輩は、彼氏の様子がおかしかったので、それ以上は聞くのを止めた。

そして、別の話題で盛り上がろうとした時、

突然、彼氏が言った。

「《 迷子の女の子がいます 》

って、聞こえてきたんだよ、、、」

彼氏は、話を続けた。

「でさ、

《 服はピンクに赤い模様です 》って、、、。

《お名前は『 フジカワ サキちゃん 』です。

とても泣いています。

お心当たりのある方は、

至急、新しい下半身を持って、お迎えに来てあげて下さい 。

繰り返します、、、

迷子の女の子がいます。

服はピンクに赤いもよ、、》

そこで、オレは電話を切ったんだ。」

私と先輩は、何も話せなかった。

本当は、

( 何?そのアナウンス!?)

と聞きたかったのだけど、声が出なかった。

separator

暫く沈黙した後、彼氏が話し出した。

『 フジカワ サキ 』

って、オレの従妹なんだよね。

すっごくオレに懐いてて、いつもオレの後にくっ付いてくるんだ。

すぐ泣くんだけど、意地っ張りで。

でも、変な雑草の花束をくれたり、

" サキ、しょうらい、よしおにぃちゃんの

おくさんになる!

おいしいごはんつくってあげるの! "

なんて言ってさ、

オレが風邪ひいた時も、お見舞いに行くって駄々こねたらしくって。

すごく、優しくて可愛い子だったんだ。

オレは妹もいなかったし、サキが妹みたいでさ、すごく可愛かった。

、、、でも、

オレが小学生の時に、

車に轢かれて死んだんだよね。

運の悪い事に、その車がトラックでさ、

まだ幼稚園だったサキは、一瞬で潰されたんだよ。

トラックの下から、少しだけサキの顔が見えた。

上半身はかろうじて、あまり巻き込まれなかったんだけど、即死だった。

その時に、サキはピンクの服を着てて、、、

でも、赤い模様なんて無かった。

それでさ、サキは潰された瞬間に、

一瞬、オレを見たんだよ。

サキと目が合って、、、

あんな表情っつーか、顔は、

オレのその後の人生の中でも、

1度も見た事ない。

脳裏に焼きついて、絶対に離れない顔なんだよ。

その時って、オレがサキを、

家まで送って行ってた時だったんだけど、

この信号を渡れば、もうすぐ家に着くって所でさ、何でか分かんないんだけど、

サキは早く家に帰りたかったんだと思う。

握ってたオレの手を離して、急に走り出したんだ。オレはすぐに追いかけたよ?

大声で、サキ!って叫びながら。

でも、ダメだった、、、

だから、その後も、

オレのせいでサキが死んだんだって、すごい自分を責めて、どうして良いか分からなかった。

でも、それから暫くしてさ、

サキのお母さんがオレに会いに来てくれて、

" サキは、ヨシタカ君の事が、とても大好きだったんだよ。

いつも、いつも、

『よしおにぃちゃんちにあそびにいく、』

って。

あの事故は、

決してヨシタカ君のせいじゃないし、

誰も責めたりなんかしてないよ?

仕方の無い事だったから。

だから、ヨシタカ君も、自分を責めないで欲しい。

おばさんはね、サキが最後まで、

大好きなヨシタカ君と一緒に居られて良かった、って思うから。

ヨシタカ君、ありがとうね。

何かあったら、おばさんに何でも言ってね。

おばさんも、優しいヨシタカ君の事が、

とても大好きだから。”

そう言われて、

オレは、あの事故の後、

初めて大泣きした。

でも、それから何年も経った時に、

あの日、実は、

サキからの、オレへのプレゼントがあったって事を

知ったんだ。

サキが頑張って作ったサンドイッチ。

それを、、、オレに早く食べてもらいたかったんだと思う。だから急いで、、、。

、、、、、、。

まぁ、、、

そう言う事が、小さい頃にあったんだ。

だから、

あの電話を聞いてパニックになっちゃって。

、、、、、、。」

彼氏は、話しながら泣いていた。

そして、

「あー!!

なんか、もう、訳が分からんっ!!」

そう叫ぶと、

今までの話を消し飛ばすかの様に、一気にビールを飲んだ。

しかし、彼氏は泣いていた。

泣きながら、ビールを飲んでいた。

封印してた過去を、蘇ってしまった過去を、また閉じ込めたかったんだろう。

その後は、

雰囲気を変える様に、かなりのバカ話で盛り上がった。

separator

その後、彼氏は今までと変わらない。

私自身も、その話は心の奥深くに封印した。

でも私は、ずっと考えていた。

何故に彼氏には、あんなアナウンスが聞こえたのか。

きっと、彼の中の奥底の記憶や、抱き続けてきた感情が、

あの『不可思議な電話 』と言う設定の、

状況下に置かれて、知らず知らずの内に、

思い起こされ、自らが勝手に創り出してしまったんじゃないのかな、

なんて、思ったりもしてみるのだが。

" ピンクに赤い模様の服 " と言うのも、

小学生の彼にしたら、

ピンク色の服を、どんどん赤く染めていく、

その赤い血を、受け止められなかったのかも知れない。

正直、冗談でやった遊びが、

まさかこんな事になるとは思わなかった。

それからも、3人で飲む機会は度々あったけれど、都市伝説的な話はしない。

separator

1年程経って、彼氏とは別れた。

友達としてたまに連絡していたが、

だんだん疎遠になって行った。

今回、この話を書くにあたり、

彼の了承を得なければならないと思い、

久しぶりに電話をした。

懐かしい声だった。

彼の近況は、敢えて聞かなかった。

向こうからも聞いて来なかった。

この話を持ち出すのも憚られたが、

思い切って、聞いてみた。

「うん、良いよ。」

案外、あっさりOKしてくれた。

「え、でも本当に大丈夫?」

「うん。

それってさ、色んな人が読むんだろ?

だったら、サキって言う人間がいたって事、

多くの人に知ってもらえるじゃん?

サキは小さい時に死んだから、

もしかして、これから出逢う人だった人にも出逢う事が出来なかったからさ。

だから、サキって言う存在を、

1人でも多くの人が知ってくれたら、オレは嬉しく思うから。

だから、良いよ。

あ、でも、オレの事を変に書くなよ?

オレの悪事をバラすな。」

「あー、あんたが浮気した事ね、

あとは、、、」

「あーっ!!

もう思い出さなくていいよ!!」

私は、笑った。

「、、、まぁ、書いて良いからな。」

「うん、ありがと。じゃ、またね。」

「おぅ。」

separator

サキちゃんの事は、

サキちゃんと言う人間が存在したって事は、

きちんと書いたつもりだ。

『宇宙の声』を聞こうと、電話をしなかったら、

私は今でも、

サキちゃんの存在を知らないままだった。

サキちゃんが、今も、穏やかにいてくれたら嬉しい。

separator

ただ、

それとは別に、

彼の浮気の事も暴露しといてやった。

何十年か越しの、しつこい仕返しだぁ!

ざまぁみろ 笑。

( 当時も、かなりブチ切れてやったけど。

ヤツは泣いていた… )

私の仕返しを、これを見て、

サキちゃんが笑ってくれていたら、

かなり嬉しい。

Normal
コメント怖い
4
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信