短編1
  • 表示切替
  • 使い方

逃げる夢

昔、私が見た夢の話。

殺される夢を時々見ていました。

その中の一つに、ひたすら殺される夢があります。

その夢は、私が逃げている所から始まります。

誰かが私を殺そうと追いかけて来ますが、

すぐに捕まってしまい、その人に頭から飲み込まれます。

痛くは無いのですが、飲み込まれていく嫌な感覚はあります。

その後、私を飲み込んだ人は私になり、そして、別の追っ手がやってくるのです。

私はまた逃げますが、やがて捕まり、今度はナイフで両目を一文字に深く切り裂かれます。

やはり痛みはありませんが、裂かれる感覚はあるのです。

そして、私を殺した人は私になり、また新たな追っ手から逃げる…

と言う繰り返し。

途中で目覚めましたが、寝覚めは悪く、心臓はバクバクでした。

separator

自分では、とても怖い夢だったのですが、

文章にして見ると、イマイチ怖くない。

文才も絡むし、文字にすると違うんだなぁ。

投稿しても、たいして面白くも怖くもないかな…。

nextpage

その日の夜。

私は夢で、今度は誰かを追いかけていました。

捕まえた相手は、私でした。

夢ですから、姿形は違うのでしょうが、私だという認識があります。

私は振り向いて、私に言いました。

「誰かに話したら、もう、逃げられないよ?」

同時に、後ろから追っ手が迫ってくるのを感じました。

Concrete
コメント怖い
0
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ