長編8
  • 表示切替
  • 使い方

私の失敗

wallpaper:1063

私が、、、この私がっ!?

関東の方で、

キャバ嬢として働いてた時の話。

separator

常連のお客さんに、

『Nさん』と言う人がいた。

歳は、、、50代くらいかな。

見た目は、小太りのおっさんで、

公務員とか言ってたけど、

地方なのか、国家なのか、、、

まぁ、、地方だろうな。

そうして、

かなり、不潔で、薄い髪は、フケだらけ。

更には、ケチ。

それに加えて、自慢話ばっかり。

いつも、後輩の男の子を、連れて来てた。

ココリコの遠藤みたいな顔。

しかし、

さすがっ!Nさんの後輩!!

上から目線男。 (仮に、Eとしとく。)

だから、

必然的に、店の女の子に、

彼らは、あまり良くは思われて無かった。

つーか、皆、席に着きたくなかった。

そんな客は、星の数ほど居るけれど、

まぁ、しかし、

それが仕事ですし?

私は度々、指名をもらっていてね。

separator

ある晩、私は、

5人くらいの若いサラリーマンの席に、

着いてた。

場指ももらい、

かなり、盛り上がってたんだけど、

ボーイの声が、背後から聞こえてた。

「Kさん、2番テーブル、ご指名です。」

2番テーブル、見る。

(あーーー!!

Nじゃあ、無いかぁー!!

もちろん、子分もいる、よね、、、。

ふ、ふーん、、、

でも、金になる、し、、)

私は、

席に着くと同時に、

嘘っぱちの、溢れんばかりの笑顔で言った。

「いらっしゃぁーい!!

Nさん、指名してくれたのー?

ありがとー!!」

(あまり、、くっつきたくない、、、)

そうして、

やっと、ビールを1本、勝ち取った所で、

「ねぇ、Nさん、

マキちゃんに、場指、入れても良い?

そっちの方が楽しいじゃん?」

どのテーブルでも、

マキちゃんが、

一緒に着いてくれると、正直ラクだ。

もちろん、逆に、

マキちゃんもそう思ってくれている。

( マキちゃんは、

店で、1番仲の良い子だった。

私よりも、4つほど歳下で、

彼氏はいるが、

シングルマザーで頑張ってる。

店終わりに、

2人で飲みに行ったり、

ラーメン食べに行ったり、、

プライベートな面も、

お互いに、知り尽くしていた。)

しかーし、

やはり、阿呆なNが、クソったれな事を言う。

「うーん、、

どうしようかなー、お金かかるでしょー?」

しかし、私も、引き下がらない。

「だってー、

Nさんも、Eさんも、マキちゃんの事、

お気に入りじゃん!!

4人で、飲もーよ!ね?」

そうして、

( マキちゃん、ごめん、、) と、

自責の念に駆られつつも、場指が入った。

separator

Nさんは、週3くらいで来るから、

それから、2日後かな、

NさんとEさんの姿が、店内に見えた。

(あの人、他の店にも行ってるし、、

いつ、寝てんの、、?)

今日の指名は、マキちゃんらしい。

そうして、

ちょーど、本指の客が帰ったタイミングで、

場指が入った。

(あ、マキちゃんか、

助けにゆくよー、待っててちょんまげ )

私は、席に向かう。

その時、ドレスの裾が縺れる。

咄嗟に、

( あっ、、、転ける、、)

と、思った。

何故だか、テーブルを見た。

( 、、えっ?)

Nさんが、私の視界に入った。

Nさんの、後頭部から首の辺りにかけて、

黒いモヤみたいのものが、

かかっている様に見えた。

( なに、、?あの黒いモヤ、、、。

しかも、

ドレスが縺れるなんて、初めてですが。

転けなかったから、良かったけど、、)

separator

その後は、延長をもらって、

結局、彼らはラストまで居た。

( 珍しいなぁ、、、)

そう思っているど、

やはり、

「この後、

行きつけのバーに、飲みに行かない?」

と、言われた。

マキちゃんと、目配せし、

( ラストまで居てくれたから、、)

と、4人で飲みに行こうとしたその時、

Eが、帰ると言い出した。

結局、3人で、、、

しかし、Nさんは、

バーに着いて速攻、寝た。

私は、ほぼほぼ、2人で飲んでるかの様に、

マキちゃんと喋っていたが、

例の、黒いモヤの事を、話してみた。

マキちゃんの母親も、

そう言う類に対して、敏感だったらしいので、

だから、

信じてくれるかな、と思って。

マキちゃんは、すぐに、

「Kさん、

Nさんに伝えた方が、良いですよ?

もしかして、病気とか、、

悪い知らせかも知れないですし、、」

さすがは、

そんなお母さんの娘だ。

「、、うん、分かった、

タイミングみて、言ってみるわ。」

そうして、

朝の5時頃に、無理矢理、

Nさんをタクシーに乗せて、私達も帰った。

separator

その頃、うちの店には、

『霊視が出来る』と言う、客が来ていた。

月に2、3回ほど。

席に着いた他の女の子達は、

彼の霊視が、本当に当たると言う。

そうして、

何故だか、私と目が合う度に、

向こうは会釈してくれる。

しかし、

私が席に着いた事は、1度も無い。

不思議に思って、ボーイに聞いてみる。

「『Kさんを、付けないでくれ』なんて、

言われた事は、無いですけど、、?』

たまたま、だと。

(ふーん、、、

私は、、是非ともっ!

彼に、霊視をして欲しいんだけどなぁ。

この私に、何を言うのか、

知りたいなー。

あら、やだ、、軽くバカにしてる?

いやいや。

まぁ、どーでも良いけど。)

separator

そうして、

Nさんは、それからも店に通い続けていた。

朝まで飲み、朝から仕事、、、。

( 私は、いつも思う。

他の客もそうなんだけど、

次の日、仕事なのに、

よく朝まで、飲んでられるよね、

感心するわ。)

ただ、

黒いモヤの事は、言いそびれていた。

その後も、

2回ほど、黒いモヤを見たのだけれど。

その時は、

何故だか決まって、ドレスの裾が縺れる。

マキちゃんに、急かされた。

separator

そんなある晩、

Nさんに、言った。

Eは、マキちゃんと喋っている。

私は切り出す。

「Nさんさ、最近、体調はどう?」

「Kちゃん、急にどうしたのー?

僕は、至って健康だけど?」

「そっかぁー、

あの、、、頭とか、、?痛くない?」

「えーっ?

いきなり、何を言い出すのー?

僕の身体を、心配してくれてんの?

嬉しいなぁー!

じゃあ、

今日は特別に、好きなお酒頼んで良いよ?」

、、、私は、

それ以上は言えない。

言えなかった。

非現実的な雰囲気を楽しむ為に、

店に来てくれてるのに、

身体の事など、しつこく言えない。

「ごめんね、Nさん、、

変な事、言って。

でも、心配だったんだよ、、、。

じゃあ、Nさん!!今日は楽しもっ?

あーっ!!そうだ、

さっき、

好きなお酒、頼んで良いって言ったよねー?

じゃあー、

ドンペリブラックか、ルイ13世っ!!

ウソウソ、

ビール飲ませてくれれば、良いよー!」

separator

その2週間後だっただろうか。

Nさんが、パタリと店に顔を出さなくなった。

まぁ、客が急に来なくなる、

そう言う事は、日常茶飯事だが、

他でも無い、Nさんの事だったから、

私とマキちゃんは、心配してた。

電話も繋がらない。

そうして、

暫くしたある晩に、Eが1人で店に来た。

どうも、私に話があるようだ。

指名をもらい、席に着く。

「いらっしゃ、、、」

「Nさんさ、倒れた。」

「えっ、、、?」

「くも膜下出血だって。

Kちゃん、何か聞いてた?」

「いや、何も、、、」

「そっか、

丁度、新潟の実家に帰ってた時に、

倒れたらしくてさ、

家の人が、早く気付いたらしいけど。」

「大丈夫なの?」

「、、分かんない、、、

オレには、、

そこまでしか情報が来てないから。」

私は、黙ってしまった。

( 何で、あの時に、

もっと強く言わなかったんだろう、

病院に行って、って、、、)

「、、まぁ、

そう言う事だから、それを言いに来た。」

そうして、

Eは、1タイムで帰った。

( マキちゃんと、話したい、、)

そう思った矢先、

「Kさーん、

5番テーブル、ご指名でーす。」

( はっ?5番?)

見た。

彼だった。

霊視が出来ると言う。

( クソっ、

何で、このタイミングなんだよっ! )

そうして、5番テーブルに向かう。

ドレスの裾が縺れる。

「初めまして、Kです。

ご指名、ありがとうございます。」

彼は、

ソファに座っている自分の隣を、

ポンポンっと叩いて、

「座って?」

と、言った。

( 何だろうか?この、不愉快さ加減は、、)

と思いつつ、座る。

「Kちゃん、だよね? 何か飲む?」

「じゃあ、、、

ズブロッカをストレートで。」

「Kちゃん、良い趣味してるねー、

じゃあ、僕も同じ物を。」

その後、

ウィスキーが来て、暫くは、

他愛の無い話しをしていたんだけど、

急に、彼が言った。

「見逃した?」

ハッと、彼の顔を見る。

「助けられなかった?」

彼は、笑顔で冷静に言う。

私も、笑顔で冷静に言う。

「えーっと、、、何の事でしょう?」

「倒れたおっさん。」

、、、、、、、

「さぁ、、、」

私は、今までに、

自分以外の、この様な類の人と、

出会った事が無かったので、対応に困った。

「オレさ、、、

Kちゃんの事、知ってるよ、

オレと同じ仲間だって。

だから、、、

敢えて、オレのテーブルに、

着かないようにしてたんだよね。」

「、、、Nさん、助かりますか、、、?」

私は初めて、他人に意見を求めた。

( 私には、分からなかったから、、)

すると、

彼から、かなりの罵声が飛んできた。

「何で、あの人に言わなかったのっ!?

オレだって見えてたよ?黒いモヤ。

Kちゃんが、

もっと強く言っとけば、

あのおっさんだって、

倒れなかったでしょっ!?」

責められた気持ちになる。

「、、すみません、、。」

、、、、、、、、

、、、、、、

「あのおっさんは、死なないよ。」

急に、彼が言う。

「Kちゃんさ、

自分の立場も大事だけど、

言いにくい事も、

言わなきゃいけない時が、あるんだよ?

オレや、Kちゃんみたいな人間はね。

それが人の生き死にに関わる事なら、絶対に。

オレらみたいな人間は、

大抵の場合、

事が起こった後始末が多いけど、

時には、

先回りして、教えなきゃいけない時もある。

それを分かってないとダメだよ。

、、、、、

でさ、Kちゃん、

オレの席に着く時に、、、

ドレスの裾が、縺れたよね?

何か見えたんでしょ?

なら、教えて欲しい。

自分の事ってさ、

自分で分かんないんだよね、、、」

、、、、、、

、、、、

実は、見えていた。

彼の足元から、湧き上がる様にして、

モヤが漂っていた。

それは、足元の方が黒くて、

膝に上がるにつれて、

黒から灰色のグラデーションみたいに見えた。

私は、それを、

伝えるべきか、どうか迷う。

でも、、、

( Nさんの様には、なって欲しくない。)

私は、ありのままを話した。

彼は、暫く黙り込んだ後、

「ありがとう」

と、だけ言った。

separator

その後、1年ほど経った頃だろうか。

携帯が鳴った。

Nさんだ。

「Nさんっ!!久しぶりー!!元気??」

Nさんは、右足に麻痺が残り、

杖での生活を、余儀なくされたそうだが、

元気そうだ。

「Kちゃん、

僕は、、お店の階段、上れるかな?」

「私が、お姫様抱っこしますよ!」

そうして、

Nさんは、お店の常連に戻った。

separator

ちなみに、、、

例の、霊視の出来るお客さんは、

その後、

すぐに事故に遭い、

あやうく、両足を潰す所だったらしい。

しかし、事故の直前、

私の言葉が浮かんで来て、

1、2秒早く、

ブレーキを踏む事が、出来たらしい。

それで、両足を失わずに済んだみたい。

とりあえず、、、

1人、助けられて良かった。

彼みたいな人が、理解不能なヤツらと、

対峙すべきなんだろうな。

私なんて、

紛い物か、まだまだ、ひよっこだ。

Normal
コメント怖い
23
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信