短編1
  • 表示切替
  • 使い方

鈴の音

母親が小さい頃の話。

当時一軒家に住んでいた母親の部屋は二階。

となると階段を昇るわけだが、1つ不思議なことがあった。

夜、部屋で寝ていると

チリン…

と階段から鈴のような音が聞こえるのだった。

それも1日だけではなく、毎日のように。

ある日、親が出掛けていて一人で夜を過ごす日に

母親は鈴の音の正体を突き止めようとした。

方法は簡単

階段の踊り場で座って音がするまで待つ。

しかし今日に限って音が鳴らない。

それでも根気強く待ったが音は鳴らなかった。

鳴らないならゆっくり眠れる、部屋で休もう。

そう思い、部屋に入ろうとした時だった、

耳元で

チリンッ!!

と音がした。

今までと違う音だった。

今までは鈴を軽く振るような音。

今のは鳴らした鈴の音を途中で止めるような音だった。

見も凍るような思いで部屋に滑り込み、布団に隠れた。

結局その音の正体は分からなかったが、母親は恐らく動物霊だろうと言っていた。

遊びのつもりなのだろうか?

やられたほうはたまったもんじゃない。

Concrete
コメント怖い
1
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信