『水霊(みづち)に呪われた女』(存在しない記憶)第1話『ガムランボール』

中編5
  • 表示切替
  • 使い方

『水霊(みづち)に呪われた女』(存在しない記憶)第1話『ガムランボール』

1: シャリーン!

蘭(あららぎ)ユウジは職場である深夜のコンビニエンスストアにて、鈴の音を聞いた。

今年で35歳になるというのに、オカルト好きが高じて、この手の現象に遭遇すると、まず、超常現象と思ってしまうのは、彼の悪い癖であろう。

しかし、暫くすると、その原因が何か気付いてしまった。

「なんだコイツか…」

身に纏うユニフォームの中に着る、ワイシャツに隠したガムランボール。

ユウジが好きなアイドルグループのメンバーが持っていたアイテムで、インドネシア・バリ島の雑貨である。

言うまでも無く、ガムランボールを知り、購入したきっかけはそれが理由である。

ガムランボールは、インドネシア・バリ島において、願いが叶う。魔除けの御守りとされる物だ。銀製の小さなボールで、真鍮製の玉が中に入っている。その為、振ると美しい音色が響く。

ユウジはガムランボールを取り出し、軽く指で弾く。

シャリーン!

と良い音色が辺りに響く。

「もっと大きい玉なら、もっと大きい音鳴るんだけどな…」

ユウジがそれを買わなかった理由は2つあった。

一つは経済的理由だ。輸入雑貨は国内の銀製アクセサリーに比べれば、安価な物も多いが、大きな物になれば、それなりの価格がする。

もう一つは、持ち歩きたいと思っているからだ。

歩く度に、大きな音がしてしまえば、仕事に支障を来たす恐れがある。

考えた結果、レディースサイズの小さなガムランボールを購入して、チョーカーの紐を使い、ネックレスにして持ち歩いている。

「ふっ、良い音色だろって言いたくなるな」

すると、ガムランボールがものすごい勢いで鳴り始めた。

流石にユウジも驚いた。

「なんだ?」

すると、入口の自動ドアが開き、入店を報せるチャイムが店内に鳴り響く。

コンビニ店員歴が長いユウジは、まず、チャイムが鳴ると入口を確認する癖がある。

来店の挨拶をする前に、来た人物を見ると、馴染みの顔だった。

別天津神(ことあまつがみ)タルパである。

少し長めの髪を染め、ユウジより5つ年下の30歳。

「ブラザー、いらっしゃい」

「ブラザー、こんばんは。良かった。無事みたいだな」

「何かあったん?そーいや、今、ガムランボールが凄い勢いで鳴ったけど…」

「もう来たか。早いな」

ユウジの問いにこたえずに、印を結び、真言を唱えるタルパ。

「ブラザー、確か、死んだ親父さんが酉年で、不動明王を祀ってる有名なとこに参拝してたって言ってたよな?」

「それは間違い無いけど、どうした?」

「今、こいつの動き止めてる。印を結べ!」

「これだよ」

そう言ってタルパは印を結んで見せた。

見様見真似でユウジが印を結んだ。

すると、不思議な事に、知りもしない不動明王真言を唱え始めた。

身体が自然と動き、まるで引き寄せられる様にある方向に指先を向けた。

すると、ユウジの結んだ印の指先から炎が出て、目の前の何かを焼いた。

断末魔の叫び声を上げる何か。

やがてそれは消えていった。

「な、なんだ。今の?」

「間に合ったー」

「ヘイ!ブラザー」

「なんだい?ブラザー」

「何が起きたか説明して欲しいんだけど…」

「勿論。とりあえず、飲もうぜ。レジ打って」

ユウジはレジに戻り、タルパは、糖質0の発泡酒とノンアルコールビールのロング缶を持ち、ユウジの待つレジへ向かった。

会計を済ませ、深夜帯にはベルトスタンドで閉鎖しているイートインスペースへ向かった。

2:このお店のイートインスペースは、対面で座るテーブル、椅子2脚のセットが3組ある。

ユウジとタルパがそれぞれ別のテーブルに着くと、タルパが話し始めた。

「ブラザー、カナコの事覚えてる?」

タルパが言うカナコとは、衣通(そとおり)カナコ。

生まれつき霊感を持っている神社の娘である。

5年前、タルパと交際していたが、当時、高校生だった浮気相手である鍋島(なべしま)リクが上京する事から、別れた相手である。

「覚えてるよ。確か、浮気相手のJK追っかけて、上京した時、捨てた女だったね」

「俺をディスってる?」

「んな事無い。むしろ、JK手懐けたブラザーをリスペクトしてるぜ」

タルパはいわゆる、イケメンで、女性にモテる。

「そのカナコの家系って呪われてるんだよ」

「マジ?それって最悪じゃん」

「んで、カナコ捨ててから、俺も呪いの一部受けてるみたいなんよ」

「解く方法無いの?」

「分からん…」

「呪いが来るのって感覚で分かるんだよ」

ユウジは頷きながら聞いている。

「ほら、俺って悪いモノ好きじゃん?来ても放置なんだけど、さっきはブラザーの事がふと頭に浮かんだら、ブラザーの方に行こうとしたから、慌てて印結んで、少し、アレの動きをトロくして、走って報せに来た」

「なるほどね。所で何で俺巻き込まれたん?」

「蘭さんが本物だからじゃないかな?カナコは俺に力無いと思ってるだろうから…」

「また、来るかな?」

「撃退したからね。また来ると思う」

「とりあえず、来たらガムランボールが鳴るっぽいからまた、不動明王印使えば何とかなるかな?」

「でも、ブラザー。不動明王印知らなかったのに真言は知ってたんだ?」

「いや、知らんよ。何か印結んだら、頭に浮かんだ。

でも、店内で炎はヤバくね?」

「マジか?やっぱ、ブラザーの能力本物じゃね?

後、あの炎は普通の人には視えないから、多分平気」

「ふむ…、あ、ブラザー。明日と言うか、今日日勤だろ?」

既に2時をまわっている。

「あ、ヤバい帰って寝なきゃ」

「お休み〜」

タルパはお店を後にした。

「もしもし、カナコ?蘭さんカナコが送った奴撃退したよ」

『うん。こっちに少し戻って来たから分かる。やっぱ不動明王でしょ?前、彼を外から視た時バックに不動明王が視えたから』

「印結んだら、勝手に真言浮かんだとかすげぇよ」

『そこまでだったんだ。凄いな』

「とりあえず、今回は、ガムランボールが凄い勢いで鳴ったらしい」

『ガムランボール?あ、いいや。こっちで調べる』

「ブラザーの好きなアイドルグループのメンバーが持ってたとか言ってた」

『インドネシア・バリ島のアイテム…。驚いた。

神と仏の力を持ってるんだ。彼。タルパ、お願い、やっぱ、彼なら私に憑いた水霊(みづち)祓えるよ』

「また、俺がアンテナになってブラザーに送れと」

『私は、彼を知らないもん』

「ブラザーを騙してるみたいで、気が引ける…」

『私は騙したのに?』

「騙しては無いだろ?裏切ったケド」

『まあ、上京してなきゃ、彼を見つける事出来なかったから、そこはそうゆう事にしておく』

電話を切ったタルパは、やはり、ユウジを鍛える為、カナコに協力する事に、罪悪感は拭えずにいたのである。

Concrete
コメント怖い
4
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ヘイ、ブラザー。実はこの、あたりでは、有名なお寺で、系列の御寺も近所に、あった様な…

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信