人助けって、楽しいよね?

中編5
  • 表示切替
  • 使い方

人助けって、楽しいよね?

wallpaper:1063

オレは、善人。

困ってる人を見ると、放っておけない。

助けてあげる。

お礼を言われた事なんて、無いけどね。

でも、お礼なんて言われたら、

オレも、小っ恥ずかしいしね。

これから、

話そうと思う、いくつかの話は、

オレの人助けの話。

ある意味、自慢、、かな?笑。

まぁ、聞いてやってよ。

separator

ある晩、オレは、

家の近くにある、飲み屋にいた。

ちょっと小洒落た感じ。

キッチンバルだか、何だかって、感じの店。

そこで、

野菜スティックとチーズをつまみに、

ズブロッカをロックで飲んでた。

すると、後ろから、

若い女性達の声が、聞こえた。

「ねぇー、聞いてよー!

この前、

彼氏に、暴力振るわれたんだよー?

最悪じゃない?」

「えっ!何されたの!?」

「なんかー、

腕掴まれてさー、腹蹴り?有り得なくない?」

「あんた、

大丈夫だったの!?

つーかさ、何で、そんな事になったのよ?」

「えー、分かんなーい、、、

もう、慰謝料取りたいわ。

腕が折れたとかさ、内蔵に損傷が、とかさ、

金を巻き上げたいんだけどねー。

どうしようかなー、」

「つーかさ、

あんた、別れなよー、

しかも、金とか、ヤバいって。」

オレは、助けなきゃと思った。

separator

彼女達が、店を出るのを見計らって、

オレも店を出る。

連れの女性は、タクシーに乗り、

暴力を振るわれたと言う、その女性は、

1人、歩いていた。

( 助けなきゃ )

オレは、彼女に声を掛けた。

「あの、、、困ってるんだったら、

オレが力になるよ?

オレで、良ければ、、、」

彼女は、不信感の滲み出てる顔で、

走り去ろうとした、、

瞬間、彼女の手を掴む。

彼女の顔は、不安でいっぱいだ。

カバンから携帯を取り出そうとしてたから、

オレは、見守ってた。

「誰に、助けてもらうの?」

オレが聞く。

彼女は、黙ったまま手を止めた。

「おいで?助けてあげる。」

路地に連れて行ってあげた。

「、、えーっと、君は、

慰謝料を、、取りたいんだよね?、、ね?」

彼女は、何も言わない。

かなり怯えているみたいだ。

「怖がんなくても良いよ、

オレは、善人だから。

困ってる人を放っておけないんだ。

だから、安心してね?」

まずは、

彼女の腕の骨を、折ってあげた。

二の腕と手首を掴んで、オレの膝の上でね。

鈍い音がした。

ホッと一安心。

でも、ね、、

オレは優しいから、両腕を、折ってあげたんだ。

そっちの方が、慰謝料取れるでしょ?

後は、内臓かぁ、、、。

損傷レベルねぇ、、難しいなぁ。

こう言う時に、人助けは大変だ。

だって、

相手の助けにならなきゃ、意味無いからね。

とりあえず、

何発か、お腹を蹴り付けてみた。

暫くすると、

彼女の口から、血が出てきたので、

( あー、良かったー!上手く行ったぁー )

って、オレは、ホッとしたよ。

彼女は、

かなり叫んでたけど、

よっぽど嬉しかったのかなぁ。

「これで、

慰謝料取れるね!ねっ!良かったね!!」

オレは、

彼女の肩を抱きながら、涙ながらに言ったんだ。

とにかく、人助けできて良かった!

オレは、善人だからね。

separator

次の話はね、

オレが、夕方に歩いてたら、

杖ついて、歩いてるお婆ちゃんがいたんだ。

でもさ、重そうな買い物袋を、

持ってるの。

助けなきゃって。

オレは、お婆ちゃんに近づいて、

「お荷物、重いでしょ?

歩くの、辛くないですか?」

って、声を掛けたんだ。

すると、そのお婆ちゃんが、

「ありがとう、

本当に、、この足のせいでね、苦労しますよ、、」

って、言うんだよね。

だから、

「とりあえず、、、

このお荷物は、

お家まで、オレが持って行きますよ?」

って、言ったんだ。

そしたら、

「ありがとうね、でも、大丈夫だから。」

って、オレの優しさを、

無視するんだよね。

助けようと思ってんのに、だよ?

でも、オレは善人だから、

相手のイヤがる事は、しない。

その代わりに、跡をつけて、

ちゃんとお婆ちゃんが、家に帰れたか、

見守っていた。

どうやら、家に着いたらしく、

でも、家には誰もいないみたい。

鍵を開けて、家に入って行くお婆ちゃん。

( 助けなきゃ )

オレは、家に入った。

「お婆ちゃん!」

オレは、叫ぶ。

恐怖と驚きの入り交じった顔で、お婆ちゃんがいた。

「お婆ちゃんっ!助けてあげるからね!!」

オレは、台所に行く。

お婆ちゃんは、立ち竦んでいる。

「さ、これで、

もう、辛い思いもしなくて済むよ?

良かったね!」

そうして、オレは、

お婆ちゃんの膝を、包丁で何回も叩いた。

( くそっ、骨が邪魔する、、、

早く助けたいのに、、、)

オレは、台所を漁り、出刃包丁を見付けた。

やった!!

すぐに、お婆ちゃんの所へ行く。

「良かったね、お婆ちゃん!」

オレは、出刃包丁で、

何度も、何度も、膝を切った。

そうして、

そこには、

膝から下だけの足が、2本あった。

「これが、

お婆ちゃんを苦しめてたんでしょ!?

オレが、懲らしめてやるから、ね?」

悪人に対しての罰。

切ったり、焼いたり、、、

その2本に、出来る限りの償いをさせた。

お婆ちゃんは、

最初、何か叫んでたけれど、

嬉しかったのかな?

今は、静かにしてる。

そっかぁ、もう辛い思いをしなくて済むから、

安心したんだろうな。

オレは、かなりの人助けをした。

( あー、良かったー!!)

オレは、善人だからね。

separator

オレは、他にも、

色んな人助けをして来たんだ。

どんな人助けかって?

うーん、、そうだなぁ、、、

例えば、

家に帰りたくない子供を、

帰らなくて良いようにしたり、、、?

だって、帰りたくないのに、

帰らなきゃいけないって、可哀想でしょ?

他には、、

リストラに遭って、

『死にたい』と言う男性に、力を貸したり。

だって、死にたいんだものね、

死ねなきゃ可哀想でしょ?

、、、、

そう言った話を、

まだまだ、皆に話したいんだけどね、

何故だか、警察がね?

オレんとこに来て。

よく分かんないよ。

何で、オレが警察に?

だって、オレは、人助けしただけなんだよ?

可笑しいよね。

オレは、善人だし、

困ってる人を放っておけない。

何よりも、相手の喜ぶ姿を見たいしね。

今までの、

オレの話を聞いてさ、皆も、そう思うよね?

人助けって、良い事でしょ?

人助けって、楽しいよね? ね?

Normal
コメント怖い
22
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@アンソニー
アンソニーさぁん、
コメントが、全文、送れませぇん ( ´༎ຶㅂ༎ຶ`)
明日、また試してみます、、、

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信