長編10
  • 表示切替
  • 使い方

ザイコウセイ

――さあみんな、面白い話をしようか?

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

僕が子供の頃に通っていた小学校の話だ。

そこはC県の片田舎にある、ごくありふれた普通の小学校なんだけどね。

だけど、その学校では、数年ごとに「神隠し」が起こったんだ。

nextpage

ある日忽然と、児童の姿が消える。

それも決まって、校舎の中で。

周りはみんな、必死になってその子の行方を探すけど、見つからない。

消えた生徒は戻ってこない。

nextpage

普通なら誘拐や事故を疑うよね? 

でも違うんだ。

それはやっぱり、正しく「神隠し」だったんだよ。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

初めにそれが起こったのは、1989年の11月だった。

ちょうど、元号が昭和から平成に変わった年だね。

当時六年生のふたりの女の子。仮にアカネちゃんとミドリちゃんにしようか。

ふたりは自分たちの教室で、放課後、残っておしゃべりをしていたんだって。

nextpage

日が暮れてきたので、そろそろ帰ろうかという話になった。

仲良しのふたりは、揃って教室のある三階から、下駄箱のある昇降口まで歩いて行った。

靴を履き替えていた時、アカネちゃんが声を上げた。

nextpage

「いっけない! 今日宿題が出てた算数のドリル、机の中に入れっぱなしだった」

「ここで待っててあげるから、早く取ってきなよ」

もう靴を履いてしまったミドリちゃんは、ちょっぴり不満げにそう言った。

nextpage

「ごめんね、ちょっと行ってくるね」と、アカネちゃんは薄暗い校舎の中に、駆け足で戻っていく。

ミドリちゃんはしばらく昇降口で友だちの帰りを待った。

でも。

nextpage

5分しても、10分しても、アカネちゃんは戻ってこない。

しびれを切らしたミドリちゃんは、自分も上履きに履き替えて、元いた教室に向かったんだ。

nextpage

ドアを開けると、夕陽に照らされて真っ赤に染まった教室に、アカネちゃんの姿はなかった。

でも、彼女のランドセルだけが、ポツンと机の上に置かれていた。

『トイレかな?』

ミドリちゃんは思った。

nextpage

アカネちゃんたら、教室に着いたら急にお腹が痛くなって、ランドセルをここに置いてトイレに行ったのかもしれない。

そう思ったんだね。

nextpage

だからミドリちゃんは女子トイレに行ってみた。

でも、トイレの中に電気は付いていなかったんだ。

もちろん個室のドアもすべて開いていて、アカネちゃんの姿はなかった。

nextpage

じゃあいったい、アカネちゃんはどこに行っちゃったんだろう?

三階の他の教室も覗いてみたけど、やっぱりいない。

二階。

一階。

やっぱりいない。

ついにミドリちゃん、先生たちのいる職員室にまで行ってみた。

nextpage

「失礼します。あのぉ……アカネちゃん、いますか?」

そこにいた先生たちは顔を見合わせた。

下校時刻をだいぶ過ぎて、まだ児童が残っていたこと自体が意外なことで、これは厳重に注意すべきことだった。

しかし話を聞けばもうひとり、児童が校舎の中にいるはずで、しかも姿が見えないという。

nextpage

先生たちは手分けして、学校中を探し回った。

すべての教室にトイレ。体育館や特別教室。プールの更衣室まで見て回った。

けれども、アカネちゃんは見つからない。

nextpage

念のため、アカネちゃんの家に電話をかけたが、まだ帰っていないという。

アカネちゃんのお母さんも心配になってやってきて、先生たちと一緒に学校中、それに通学路中を探したんだけど、ついにアカネちゃんは見つからなかった。

その日のうちに警察へ捜索願いが出されて。

nextpage

そして。

nextpage

それっきり。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

いなくなったその日、アカネちゃんは、お気に入りの花飾りの付いたヘアゴムで、おさげにしていたんだってさ。

nextpage

ああ。

キミのそのヘアゴムもかわいいね。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

さて、次は1994年の6月。

その日は一日中、雨が降っていた。

6年3組の午後の授業は、社会科のテストだった。

nextpage

静まり返った教室。

聞こえるのは、みんなが鉛筆を走らせる音。

窓の外を降る雨の音。

隣のクラスの笑い声。

nextpage

「――はいっ! そこまで~!」

担任の男の先生が不意に大声を出したので、みんなびっくりする。

この先生は面白がってわざとそういうことをするんだ。

「じゃあ、後ろから答案を回収して~」

みんなガヤガヤ騒ぎながら、前の席の人に答案用紙を渡していく。

その時だった。

nextpage

「先生~、ケイイチくんがいません~」

そんな声が上がった。

先生がそちらを見ると、教室のちょうど真ん中辺りの席に座っていたはずの、ケイイチくんの姿がなかった。

nextpage

そんな馬鹿な。

テストが始まる前は全員が揃っていたし、テスト中だって、先生はずっと教室にいて、みんなの様子を見ていた。

席を立った子はいなかったはずだ。

nextpage

それに、ドアに近い廊下側の席の子ならまだしも、教室の真ん中の席にいたケイイチくんが、誰にも気づかれないで教室を出て行けたとは思えない。

クラスは騒然となった。

nextpage

その後、すぐに学校中が探されたけど、彼は見つからなかったよ。

机の上には、問3まで解かれた答案用紙と、消しゴムだけが残されていた。

nextpage

そうそう。

答案用紙の端っこには、

『黒い穴?』

っていう、落書きがしてあったってさ。

nextpage

separator

nextpage

separator

3番目は1999年の7月。夏休み前のことだ。

この時は、セイジくんとハルカちゃんだ。

ふたりは、同じ6年4組のクラスメートだった。

nextpage

放課後、セイジくんはハルカちゃんを屋上に誘った。

屋上っていったら、普段はドアに鍵がかかっていて、出入りできない場所だ。

だけど、この時はドアの鍵が壊れていて、それを知っている一部の児童だけが、先生に内緒でこっそり遊び場にしていたんだね。

nextpage

ところで、1999年7月といえば、世間はノストラダムスの大予言で騒いでいた時期だ。

隕石?

戦争?

大地震?

とにかく何かが起こるんじゃないかって、不安と、妙な期待が渦巻いていた。

そんな空気に後押しされて、セイジくんはハルカちゃんに告白をしたんだね。

nextpage

「――ごめんなさい」

これにはセイジくんもガッカリだ。

せっかく「世界が終わる時は、僕と一緒にいてください」なんて、精一杯格好つけた告白のセリフを考えたのにね。

nextpage

だから彼が、ハルカちゃんを夕暮れの屋上に閉じ込めちゃったのだって、失恋ゆえに子供っぽい行動だったと許してやってほしい。

時間にしたって、ほんの30分程度のことだ。

nextpage

はじめはドア越しに、「セイジくん、開けて!」という声がしていたが、やがてそれは泣き声に変わり、そのうちなにも聞こえなくなった。

nextpage

「いい加減許してやるか」なんて勝手なことを言いながらドアの鍵を開けた彼は、びっくり仰天さ。

nextpage

そう、彼女は消えていた。

もちろん、地上に落ちてしまった、なんてことはなかったよ。

なのに、鍵のかかった密室の屋上から、忽然といなくなってしまった。

nextpage

彼女もまた、「神隠し」に遭ってしまったんだ。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

彼らはみんな、どこに行っちゃったんだって、周りは、世間は、ずっと囁き合っていたよ。

オカルト的なことに否定的な人たちは、学校関係者の犯罪を疑っていたしね。

nextpage

でも、どうやら「そういうことじゃないらしい」ってことになる、ある事件が起きた。

ハルカちゃんがいなくなった年の、夏休み開けのある日の授業中のことだった。

nextpage

6年4組の教室。

その時はたまたま先生が用事で教室にいなくて、自習を言いつけられたみんなは、席で静かに本を読んでいた。

その時、最前列の席に座っていた女の子が、突然悲鳴を上げたんだ。

「黒板が!」って。

nextpage

全員が顔を上げると、教室の前の黒板に次々と、白いチョークの文字が浮かび上がってきたんだ。

nextpage

『出して』

『ここから出して』

『暗い』

『こわい』

『ここにいます』

『みんないるよ』

nextpage

『まっくら』

『ずっと夜』

『学校から出られない』

『お願い』

『はやく助けて』

nextpage

『私』

『ハルカ』

nextpage

見えない誰かがそこにいるかのように。

鏡写しにひっくり返った文字が。

みんなの見ている目の前で。

次々。

次々。

次々に。

nextpage

やがて、黒板を文字でいっぱいにして、その現象はぴたりと止まったんだってさ。

nextpage

その現象を見た子供たちは、先生から固く口止めされていたんだけどね。

でもこれ以降、子供たちの間では「神隠しに遭った子たちは、学校の裏面に引っ張り込まれて、そこでまだ生きている」なんて噂話が広がったんだ。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

黒板のメッセージ事件は、目撃者が子供たちだけだったけどね。

大人が目撃者になったこともあった。

2010年くらいのことだ。

nextpage

当時、教育実習で母校であるその小学校に勤務していた青年――仮にアオヤギ先生としようか――が、ある日の放課後、校内の見回りをしていた。

nextpage

子供の頃に通った、懐かしい校舎。

誰もいない廊下は、夕陽に赤く照らされていた。

既視感。

と、不意に図書室から物音がしたんだ。

nextpage

「誰かいるのかい?」

アオヤギ先生はドアを開け、教室の中に声をかける。

nextpage

6年生くらいの女の子がいた。

薄汚れた服を着て、しゃがみこんでいる。

苦しんでいるみたいだ。

nextpage

「きみ! 大丈夫かい?」

先生は慌ててその子に駆け寄る。

髪を、花飾りの付いたヘアゴムでおさげにしたその子は、手で顔を覆いながら、小さな声で何か呟いている。

nextpage 

「――しい……」

「きみ、きみ! どうした? 苦しいのか?」

「――ぶ、しい……」

「なに? なんだって?」

どうしても声が聞き取れず、慌てていた先生は、無理やり女の子の手を、顔からどけてしまった。

すると、

nextpage

「まぶしいいいいいぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!!」

nextpage

女の子は絶叫した。

あまりの大声に、窓ガラスや本棚がカタカタと揺れたくらいだ。

そして、その子の顔を見て、先生はその場から動けなくなってしまった。

nextpage

彼女の瞳は、まるで光の刺さない暗い海底に潜む深海魚のように、のっぺりと退化してしまっていたから。

nextpage

そして。

彼が固まっている間に、女の子は、背後に突如開いた黒い穴に、まるで吸い込まれるようにして消えてしまった。

後にはもう、何も残っていなかった。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

僕はね。

ずっと色々と調べてきたんだよ。この神隠しについてね。

今だって、その原因や理屈はよくわからない。

この学校の6年生の教室や、6年生自身が、現象を引き起こす鍵になる、ということくらいかな。

nextpage

でも、あの日。

教育実習の時に見た光景は、僕に天啓を与えてくれたんだよ。

噂されていた「学校の裏面」は、確かに存在するって。

そこは、かつて黒板のメッセージにあったように、「暗くて光の刺さない真夜中の学校の世界」なんだろうって。

これまで消えた児童は、ずっとそこで生き続けているじゃないか、ってさ。

nextpage

だから。

nextpage

きみには感謝してるよ、アカネちゃん。

僕はあの後、ちゃんと教師になって、この学校に赴任した。

目的は、なんとしても「こちら側」に来るためさ。

10年かけてようやく今日、「黒い穴」を見つけてそれが叶ったよ。

それにしたって、偶然だったけどね。

nextpage

しかし。

想像通り真っ暗だね、ここは。

いつも肌身離さずライトを持ち歩いていてよかったよ。

ああ、きみたちにはまぶし過ぎるかな?

nextpage

アカネちゃん。きみはあの時、図書室で会ったときのままだ。

セイイチくん。きみ、まだ鉛筆を握りしめているのかい? テストの時間はとっくに終わっているというのに。

他にも僕が知らないだけで、ずいぶん大勢いるんだね。

この裏面に引き込まれ、学校から抜け出すことのできない「在校生」諸君。

そして――

nextpage

ああ、いた。

やっぱりいた。

nextpage

ハルカちゃん。

僕はきみに会うために、ここまでやってきたんだよ。

今日までずっと、きみを探してた。

nextpage

僕のこと、覚えてるかい?

――と言っても、この姿じゃわからないか。

いや、そもそも今のきみは目が見えないんだったね。

nextpage

僕だよ。

セイジだよ。

1999年の7月のあの日、学校の屋上で、きみに告白してフラれた青柳誠治だよ。

nextpage

僕はずっと後悔していたんだ。

あの時、僕が屋上に閉じ込めたばっかりに、きみは神隠しに遭ってしまった。

nextpage

黒板のメッセージを見て、きみがどこかで生きていることがわかって、なんとしても助けだそうと、僕は教師を目指したんだ。

nextpage

だけど、アカネちゃんとの邂逅は、きみと再会できるかもしれないという希望――神隠しに遭った子供は、歳をとらずに生き続けるみたいだとわかったからね――と、ある欲望を僕の胸に灯らせた。

nextpage

どんな欲望かって――?

この時の止まった暗闇の世界で、大人になった僕と、子供のきみと。

初恋の女の子と、いつまでも一緒に暮らせるんじゃないかっていうね。

nextpage

なあに。

ここにいる連中はみんな、しょせん6年生のガキどもさ。大人である僕にかなう道理はない。

とっとと始末して、ふたりだけの明けぬ夜を楽しもうじゃないか!

nextpage

……。

nextpage

どうした、ハルカちゃん?

それに他のみんなも。

一斉に近づいてきて、もしかして僕とやろうっていうのかい?

nextpage

いいだろう。

大人を舐めたらどういう目にあうか、教育してやるのも教師の勤めさ。

nextpage

お?

思ったより力が強いじゃないか?

くっ……、

おい、馬鹿、離せ、痛い痛い痛い!

なんだ、よせ、やめろ!

この深海魚ども!

くらえ!

nextpage

どうだ? まぶしいだろう? 

光に弱いんだよな、お前ら。

ははは、ざまぁ見ろよガキども。

さぁハルカちゃん、きみだけはこっちにおいで?

nextpage

そう、いい子だ。もう離さないよ。

痛っ! 

しまった、ライトが!

nextpage

おい、ハルカ! 

どこ行った! 帰ってこい!

痛た! いたたたたたた!

離せ、寄るな化け物ども! 

俺を――俺を喰うんじゃない! 

よせ、やめろ! 

やめてくれ!

nextpage

ハルカ!

ハルカ!

ハルカァァァァァァァアァァァァァァァ!!!!

nextpage

ハルッ――

Normal
コメント怖い
2
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信