中編3
  • 表示切替
  • 使い方

コックリさん4

前回から一年ほど経ったある日

年下の従姉妹と2人で留守番していた時何気なしにコックリさんをしよーってなって

迷いながら、渋々やる事に

また、猪木コックリさんが来るのを期待していましたが 別の人がきました。

従姉妹も初めはびっくりしていて

従(まじで動くんや すげぇ

自(やろー前は変なん来て気持ち悪かったけど…

と、話しながら色々聞こーとしてて

突然動きだし

「〇〇(従姉妹)覚えてる?」

は?(°д°)…

自(誰ですか?

「〇〇(従姉妹)の友達」

…いやいや意味わからん

従(友達?だれ?

「わすれちゃったかー昔遊んだ」

自(〇〇(従姉妹)昔の友達で死んだ子おる?

従姉妹は一瞬考えて ハッとし

従(死んだかはわからんけど四年の時行方不明になった子はおる

「そうそう!私やで」

2人 沈黙。

自分(え?死んだん?

「うん 殺された」

まじかよ こえーよ(°д°)

従(犯人は?

「つれてきたった」

自(え?殺したって事?

「はい」

2人 目を合わして沈黙(笑)

従(なんで〇〇がでてきたん?

「〇〇(従姉妹)の守護霊になったから」

ええー(°д°)

従(1人?

「2人」

従(もう一人だれっ(笑)

「彼氏」

自(彼氏なんおるんっ それやったら楽しいな

「はい」

自(犯人はなんで〇〇ちゃん殺したん?

「わからんけど たまたま出くわした」

「〇〇等会ってるよ」

へっ?

自(会ってる とは?

「〇〇(従姉妹)家で出てきた中年のやつ」

ああー!(初めて体験した話の)

自(なんであそこの家に居ったん?

「わからんけど あの家色々おる」

従(たしかに 気味悪かったもんな

でもなんでついてきたんやろ

「私の友達やから」

ああー復讐的な感じか きもっ

従(今は家におるん?

「おらんよ」

従(そっかーよかった

自(あっ!じゃあさ ついでに聞きたい事あるんやけどさ

昔、ばぁちゃん家の一階で従姉妹がマトリックスみたいに反り返って自分が支えてもめっちゃ重くて最初わざとかなって思った事があってんけど正座状態から地べたに背中くっついてどーしよもなくて通りすがりの人が8階のばぁちゃん家まで送ってくれて家ついた途端普通に戻ってん。あれなんやったん?

「40体くらい乗ってたから」

ええー(°д°)なぜに(笑)

従(気持ち悪っ なんで乗られてたん

「〇〇(従姉妹)を乗っ取る気やった」

2人40体も!?(°д°)

「入り安い体質みたい」

「私には妨害が精一杯で、でも、〇〇(従姉妹)のじいちゃんが払ってくれた」

自(ああーね!だから家入った瞬間戻ったんかー

やるなーじいちゃん見た事ないけど(笑)

従(笑ってるけど 何が起きたんかわからんかってめっちゃ怖かってんからな!

自(ごめんごめん(笑)だってこっちからしたらわざとかなって思うやん(笑)まぁ、あの重さ尋常じゃなかったから焦ったけど)

自(あの通りすがりの人見えてたん?

「多分ね」

自(見えてたとしたら、助けてくれる気なったよなー

自分やったら怖すぎて近寄りたくないわ

(笑)

従(乗られてた人の気持ちわっ!?(ꐦ°᷄д°᷅)

自(あぁ、見えてなかったんやから よしとしよーよ(笑)

従(他人事やからって…

「やぱ仲いいんやね よかった」

ん?

従(なんでよかったん?

「私ははよ死んだから〇〇には楽しんでほしいから」

いい子やな

従(うん!楽しむな!これからもよろしく!

「任せて」

で、帰ってもらい

最初こそ ゾッとしましたがスッキリした話でした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5376
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

紫音さん 返信遅れ すいません汗

そおなんですね(°д°)
霊を否定される事もあるんですね汗

やぱ頼れる場所とゆーのは
なにかある前に確保しとくべきですね!
ありがとうございました(o´艸`)

(´∇`)さん

霊媒師じゃなくても、お寺さんのお坊さんでもやって下さる方もいらっしゃいますよ。

宗派などによっては、霊の存在自体否定されるところもありますが(`-д-;)ゞ

我が家は曹洞宗のお寺さんなので、もしもの時は相談しようかなと思ってます。

沙羅さん はじめまして!
コメントありがとうございます!

なるほど、従姉妹の守護霊の子は話した限りいい子だったので 充分ありえるとゆう事ですね!

分岐点で変わるんですかっ
じゃあ自分の守護霊も変わっているかもしれませんね

知る勇気がでれば 1度見てもらおーと思います!

紫音さん 詳しく調べてくれて
ありがとうございます!

昔はたくさんいたみたいなので
無くはないんでしょうね
ですが、従姉妹のは守護霊本人が
自分のは他のコックリさんなので信じていませんww

かといって、守護霊ってゆうものは多分常にいるものなのでご先祖様であっても知るのが怖いですw

それと ちゃんとした←これは霊媒師さんとかでいいんでしょうか(^^;
無知でごめんなさい(´・ω・`;)

私なりに色々と調べてみました。

↓のとおりです。

生まれつき何らかの要因(生まれた時期や季節など)によって所定の霊がつくと考える人や、先祖など当人に縁のある故人であると考える人、また当人の行いによって良い行い(徳)を積む事で良い霊が集まるという人もある。

守護霊は基本的に人霊がその任に就き、動物霊や神がなることはない。

しかし稀に龍神などの自然霊が守護霊である場合も報告されている。

人類が地上に誕生した当初は、自然霊が守護霊の役目を引き受けたが、時代がすぎると立派な霊性を備えた人霊が増えていき、次第に人霊の守護霊が増えていった。

以上です。

従姉妹さんの守護霊に関しては、可能性は高くはないと思いますが、無くはないと思います。

ご本人様の守護霊に関しては・・・本当に信頼出来るきちんとした方に視て頂いたほうがよろしいかと思われます。

蛟様が守護霊である方もいらっしゃるので、一概に『可能性は低い』とは言えないけど、これは稀な例なので、あなたの守護霊に関しては、本物がどうかが知りたいのであれば、やはりきちんとした方に視て頂いたほうがよろしいと思います。

長々と失礼致しましたm(_ _)m

初めまして(^^
初コメ失礼します。

本当かどうか定かではありませんが、お友達がなれることもアリかと。
『徳の高い人』=守護霊としての資格を持つ。らしいですし。
人生の中での大きな分岐点、生死を分けるような事柄や、結婚等でも後ろの方は変わるそうです。
自分では守りきれないと判断されたら、別の方が守りに入ってくれるようですし、
数人がかりで守って下さる事もあるようですよ?

重ねて言いますが、本当かどうかは、定かではありません(^^;