中編3
  • 表示切替
  • 使い方

洞窟探検

wallpaper:3706

2年程前、とある県へ旅行に行った際の話です。

3人で行った女子旅行で、私はとても気味の悪い体験をしました。

今日はその話をさせて頂こうと思います。

nextpage

私は、旅行好きで2、3年前は空前の旅行中毒になっていました。私の旅行での目的は観光というよりは【自然に触れ合う事】で、あまり市街地に行くことはなく、どちらかと云えば辺鄙な山合いの旅館や民宿に泊まり、周辺の山々へ登山に行ったり、鍾乳洞、洞窟探検をしたり、川下りをしてみたり、シュノーケリングをしたりとアグレッシブな体験がメインでした。その日は、とある県にある有名な洞窟へ行くプランを立てていました。

nextpage

その洞窟は、少し変わっていて、中に入ると階段やロープなどの安全対策がほぼ無く、簡単に言えば【何処までも行ける探検型(怪我・失踪の責任は負えません)の洞窟】だったのです。好奇心旺盛な私は、その場所にとてつもないトキメキとロマンを感じました。しかも入場料が無い。タダ。何て素晴らしい。大阪人はお得感に弱いんです。

nextpage

新幹線・在来線・バス・徒歩の道のりを経て、お世話になる民宿へ到着したのは昼過ぎでした。荷物を置いて、武装装備し、いざ参らん。というタイミングで民宿の店主に声を掛けられました。

nextpage

「お嬢さんたち、〇〇洞窟に行くんですか?」

「そうです。其処へ行くのがメインで来ましたから。」

そう答えた私に、店主は言います。

「気を付けて下さいね。あそこは事故が多いから。ほら、これを持って行って下さい。暗くて危ないですから。」

そう云って渡された物は人数分の懐中電灯でした。

『え、電気すら通って無いの?マジでサバイバル。高まる…!』

そう思った私の顔は、さぞニヤニヤしていたことでしょう。

「洞窟へ入るのは3人で間違いないですか?いやね、一応確認してるんですよ。たまに、遭難っていうか…迷子になってしまう人がいますから。では、お気をつけて。」

店主にお礼を言い、私たちは民宿から徒歩10分の距離にある洞窟へ向かいました。

nextpage

夏真っ盛りの8月でしたが、洞窟内はとても涼しく、むしろ少し肌寒いくらいでした。

懐中電灯で足元を照らしながら、道無き道を進むにつれ、私たちのテンションは最高潮です。

不思議な形をした岩や、小さな結晶。緑色に見える池。

nextpage

iPhoneカメラのシャッターをたいてカシャカシャと撮影しつつ探検に夢中になっていると、不意に背筋に冷たい悪寒を感じました。

すると友人の1人が悲鳴を上げました。

「い、今…そこに女の人が…」

指さす先には、勿論と言いますか。そんな人はいません。

「帰ろう。」

そう言ったのとほぼ同時に3つの懐中電灯が急に付かなくなり、携帯の電源もオフになってしまったのです。

nextpage

友人2人は大パニック。私は2人の手首を掴み、足早に出口へ向かいました。

『おかしい。』

歩けど歩けど洞窟から出られないのです。

そんなにややこしい場所へ入ったわけでもないのに、地上の光すら見えません。

どれくらいの時間が経ったのでしょうか…

nextpage

「なあって!!ちょ…雪!!」

「待ってよ!!!何で置いていくんよ!!!うち、こういう場所慣れてへんねんから、もうちょいゆっくり行って!!呼んでも無視するし、怖いし、もう嫌や!!」

その声に振り向いた私は、一瞬思考が麻痺しました。

2mほど後ろから友人たちが息絶え絶えに歩いてきます。

『……じゃあ、今うちが掴んでるこの手首は誰や。』

nextpage

確認など出来るわけもありません。遅れて来た友人にこれ以上パニックになられてもいけない。そう思った私は、掴んでいた手をそっと離し、平静を装いつつ「ごめんごめん、テンパってたわ。」そう告げると、再び出口を求めて洞窟内を歩き始めました。

明かりが見えました。鳥の鳴く声もします。

『あぁ…良かった…。』

nextpage

___ポロン♪

スイマセン、ヨクワカリマセンデシタ。

私のiPhoneのSiriが起動しました。

Siriが読み取った質問は≪おしかった≫の一言。

じっとり汗ばんだ私の両手には所々に泥が付着していました。

nextpage

あの洞窟には一体何が彷徨っているのでしょうか。

皆さまも、洞窟に行かれる際はお気を付け下さい。

その洞窟はまだ自由に立ち入れる、探検推奨の場所みたいですから。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,90921
41
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ふたば様

コメントありがとうございます。
ふたば様は最近私の投稿作品に対して、マメにコメント、ポチを頂きまして…
感謝の至りにございます!!
これを機に【ふたば様】から【ふたばちゃん】と呼びたいくらいです(笑)

Siriちゃんに異様に愛着が湧いちゃって切るに切れないんですよね…
そしてふたば様の本名がとても気になりますwww

表示
ネタバレ注意

千草様

コメントありがとうございます!!
私も一人だったら失神していたかもしれません…(笑)

こんなの経験したら、私だったら失神ものです。
雪様のお話は読みやすくてドキドキして、とても面白いです。
これからも応援していますね。

はと様

コメントありがとうございます!!
こめちゃんのA子シリーズではお世話になりました!!
はとちゃん、めっちゃ可愛かったです♡

人生の心霊体験の中でも、3本指に入るレベルの恐怖/戦慄でした…

つっきー

雪ちゃんで良い!!きゃっほううう!!
表現が上手すぎて…
怖い体験のフルコース…
デザートまで美味しく頂きました。(白目)

宏呀様

コメントありがとうございます!!
山口の鍾乳洞って秋芳洞ですかね??
行った事あります!!
あそこも最高でした(*´▽`*)

ハッと我に返った時と言いますか、違う。ってなった瞬間に、手のひら全体に冷たい感触が伝わりましたよ…

ロビン様

本当にそれですよ!!
そので最新鋭の知能を発揮せんで良い!!ってなりました(笑)

コメントありがとうございました!!

緑の野菜様

楽しい場所だったのですよ…
もう行けないので、残念です…(ノД`)・゜・。
アクロバティックな私には最高の場所でしたのに…!!

コメントありがとうございました!!

clolo様

コメントありがとうございます!!

人工知能は都市伝説としても最近メジャーですが、いやはや恐ろしや…
「高まる…!!」は、戸田恵梨香さんがスペックで仰られてから、言いにくくなりました…
私も昔から使っていたフレーズなのに…!(笑)

むぅ様

コメントありがとうございます!

アクティビティとしては、最高の場所だっただけに残念です…

こめちゃん

虫も出るけど、蛇も出るよ♡

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ゾクリと背筋に来ました
その洞窟興味ありますねーでも絶対に行きません。
だって100%なにか起きますもん(´д`|||)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意