短編2
  • 表示切替
  • 使い方

一行怪談

1.

考えても考えても怖いアイディアが浮かばないので、いっそ血を見たら書けるかなとか思い、カッターを手にして家を出る。

2.

駅のホームで、目の前の中年男の背中を押してやったら、そいつが実は幽霊で、”ばーか!”という嘲笑を聞きながら、俺は転落していった。

3.

TVの中でお天気姉さんが、明日は貴方の命日になるでしょうと連呼しているので、ひどい放送事故だと思ったら、消音モードにしていたことに気づく。

4.

“祟り場”と書こうとして、かな文字を入力して変換キーを押したら、”此処”になった。

5.

仲の良い友達と楽しくお喋りして、それじゃまたね、と別れた後、会話の中のたった一言がどうしても許せなく思えて、だんだん憎悪が膨らんでくる。

6.

骨揚げを無事終えた後、火葬場の人に、”それでは来週も宜しくお願い致します”と丁重にご挨拶された。

7.

深夜友人から電話があり、今から会えるかと言うので、暇だからいいよと言って切電した直後、彼が先週事故死したことを思い出す。

8.

深夜ピンポンが鳴ったので玄関に出ると、私が殺した女が、”遅くにすみません、私を殺した方はどなたでしょうか“と聞いてきたので、このまま迷っているのも気の毒に思い、”隣の○○さんですよ”と教えてあげた。

9.

出て来た饂飩がどんぶりの中でぴくぴく蠢いていたが、空腹だったので、ずるずる食べてしまった。

10.

やっとの思いで書き上げて投稿ボタンを押した瞬間、”お憑かれさん”の文字が浮かんだ。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,42024
38
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

虎鳴真矢様
コメントと怖ポチを頂き、有難うございます。
10は、いかにも怖話あるあるみたいな感じで、少し軽いオチみたいな感じで入れました。4は自分でも気に入ってます。実は、これは一行怪談のずっと前に、こんな事が起きたら怖いだろうなと思って温めてたアイディアですので、これを気に入って頂けて嬉しいです。

4と10が特に好きです(^-^)

奈加様
コメントを頂き、有難うございます。自分でも知らなかった分野だったのですが、短い文章の中に言いたいことを全て盛り込むのは結構難しいと思いました。想像力や語彙の訓練になったように思います。お読み頂き有難うございました。

斬新な書き方ですね!僅か3文ほどなのに、シュールな怖さがあります!

ふたば様
コメント有難うございます。そうですね、Glue様の投稿へのコメ欄にも書いた夢野久作の猟奇歌という作品が、短歌の中に猟奇や怪奇の世界が凝縮されてて前から面白いと思っていたのですが、これを少々参考にさせてもらいました。勿論結果は駄文ですが、少しでも印象に残して頂けたなら幸いです。イベント云々とは別に、自分用アイディアのストックとして書いてみるのも面白いかもしれませんね。

ごく当たり前の様に行われるえげつない行為、最高です。
文章で書くと長い長い毎日の中にたった一行だけ狂気が混じれば、なんて刺激的なのでしょう。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

むぅ様
コメントと怖ポチを頂き、誠に有難うございます。
面白いと言って頂けて何よりです。いつも有難うございます。どうでしょう、むぅ様もこの際お一つ…。投稿デビューお待ちしておりますぞ^_^。
2017年03月06日 07時48分

流石珍味殿、面白い(๑¯ω¯๑)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

あんみつ姫様
ご無沙汰しております。コメントと怖ポチを頂き、誠に有難うございます。
お気に入り頂いたようでほっとしてます。mami様のコメ返にも書きましたが、5は女性あるあるかなぁと思ってましたので、共感頂けて良かったです。
確かに分類上定型詩とは言えないのでしょうが、短い言葉の中に様々な感覚や意味を凝縮して提示する文章は、一つの言葉に色々な意味を読み取り、''察する”文化に生きて来た日本人に合うのかもしれませんね。改めて日本語の奥深さに気付かされるコメント、有難うございました。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

お久しぶりでございます。
私もmami様同様、5番と続く6番に共感を覚えました。
似たような体験もしております。
定型詩(リズミカルな音や枕詞、季語といった言葉の余韻を楽しむ世界)とは、また一味違う一行怪談。
澱みない清流の如く、もしくは、氷の表面を滑るように流れる水の如く、ストンと腑に落ちる感覚がいいですね。

日本人の感性を呼び覚ます魅力があるのでしょう。
とても面白く拝見いたしました。