中編2
  • 表示切替
  • 使い方

〈三題怪談〉yours

この図書館には幽霊が出るらしい。

そんな噂を聞いた。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

金木犀の香りが街を包んだ、秋の日の夜のことだった。

nextpage

閉館後の真っ暗な図書館。僕はこの時間が好きだ。

静寂の中、月明かりで本を読む。司書の特権だ。

ところが、その日は先客がいた。

nextpage

天窓から月の光が降り注ぐ一席に、白菊の花を生けた花瓶が置かれている。

そしてそこには、学生服の少女が座って本を読んでいた。

nextpage

月光に浮かび上がる肌は、透き通るように白い。

ああ、彼女が噂の幽霊か、と僕は妙に納得した。

恐ろしくはない。

ただ、美しかった。

nextpage

僕は書棚から一冊の本を抜き出して、それを持って彼女の向かいの席に腰を降ろした。

nextpage

イワン・ツルゲーネフ・著、二葉亭四迷・訳、『片恋』。

僕はあえて、背の書名を彼女から見えるように持ちながら、黙って本を読み出した。

nextpage

そんな僕の珍妙な行動に、彼女は驚いたように目を丸くした。

とっつきにくそうな印象は一瞬で消え失せ、代わりに悪戯好きの子供のような笑みが浮かんだ。

nextpage

結論を云えば、彼女は幽霊ではなかった。

閉館後もこっそり隠れて本を読んでいるような、ただの本好きの、僕の初恋の人だ。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

「こんばんは」

図書館の入り口で、私は馴染みの老守衛に声をかける。

nextpage

「ああ奥さん、どうも。今年ももう金木犀の時期ですか」

彼はにこりを笑うと、閉館後の館内に、私を招き入れた。

nextpage

私は持参した白菊を花瓶に生けて机の上に飾った。

あの日と同じ本を手に、月明かりの席に着く。

nextpage

夜が日付をまたいだ頃、暗闇の奥からおずおずと、白い影が歩み出てきた。

あの日の姿で、彼が。

nextpage

「儂は本が好きだ。

多くの本は儂に深い感動を与えてくれた。

nextpage

だがもし、すべてを忘れてもう一度、初めての感動を味わえるのなら、それもまた素敵なことかもしれないな」

nextpage

夫は生前、そんなことを言っていた。

nextpage

私との出逢いも、貴方にとって大切な初めてだったのね?

私、もうしわくちゃのお婆ちゃんなのよ?

nextpage

幽霊は澄んだ瞳で、あの頃の私を見つめていた。

Normal
コメント怖い
8
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

なんだか自分のその年頃が懐かしくなるような......素敵なお話をどうもありがとうございます(о´∀`о)ノ

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信