短編2
  • 表示切替
  • 使い方

祖父と古い絵

wallpaper:4665

私の祖父は古美術商をやっていましてね、横須賀の海に近い自宅の一部を店舗用に改装して小さなお店を営んでました。

まあ、祖父はもっぱら古美術品を集めるのに夢中だったので、お店が開くことはそんなになかったんですけどね。

wallpaper:4236

その祖父が、ある日1枚の絵を買い付けてきた。

その絵は洋館の中の円卓に1人の老人が座っている絵なのです。

特に歴史的価値があるわけではないそうですが、えらく気に入ってとんでもない金額で買ってきたようでした。

その絵は祖父の部屋に飾られました。

祖父の様子が変わったのはその数日後でした。

それまでは元気で外に古美術品の買い付けに出掛けてた祖父が、めっきり外に出なくなったのです。

私が祖父を尋ねると、必ずあの絵を見ていました。

祖父は『この絵を見ているだけで幸せな気分になってねぇ…』と、上の空で語られたのを覚えています。

それから2ヶ月ほど経ったある日、祖父と連絡がとれなくなってしまったのです。

音信不通になる前日には、近所の人が祖父の姿を見ていたとのこと。

古美術品の買い付けかとも思いましたが、祖父は買い付けに行くときは必ず50年来の親友である飯野さんと行ってました。

でも今回は、飯野さんにすら何も言ってないようなのです。

すぐに警察に捜索願を出しましたが、半年経っても祖父は帰ってきませんでした。

祖父が行方不明になってから1年が過ぎた頃、飯野さんから私に連絡があり、すぐに祖父の家に来てほしいと言われました。

私が急いで祖父の家に行くと飯野さんが焦燥しきった顔で待っていて、私が何事かと聞く前に

『……あいつが見つかった』と静かに口を開き、私を祖父の家の中に招き入れました。

飯野さんは祖父の部屋に入り、黙ってあの絵を指差しました。

その絵を見て凍りつきました…その絵には円卓に座っている老人と…私の祖父が描かれていたのです。

『あいつは…絵の中に取り込まれたんだ…』

そんな…信じられない…本当に絵の中に?私は飯野さんにこの絵を一旦預かりたいと申し出て、明日取りに来る旨を伝え、その日は別れました。

wallpaper:4047

その日の未明、祖父の家は火災により全焼しました…

火元は祖父の部屋だったそうですが、焼け跡からあの絵は見つかりませんでした。

wallpaper:3935

それから十年後、ふらりと立ち寄った喫茶店で驚くべきものを見ました。

祖父の部屋から消えたあの絵が飾られていたのです。

喫茶店のマスターにどこで絵を手に入れたのか聞いたところ、母方の実家の納屋に眠っていたそうです。

その絵には、私の祖父を含めて円卓に座る人物が7人描かれていました。

Normal
コメント怖い
0
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ