短編2
  • 表示切替
  • 使い方

巡る

僕がまだ幼かった頃に、○○○が死んだ。

悲しかった。

nextpage

ちょうどその時、飼っていたハムスターが子どもを産んだ。

父さんは僕の頭を撫でながら、

「それはきっと、○○○の生まれ変わりだよ」

と言った。

nextpage

幼いぼくは、「○○○はこんなに小さくなったんだ」と不思議に思ったけど、それでも嬉しかった。

だから、大事に大事に育てた。

nextpage

separator

nextpage

nextpage

そんなハムスターもやがて死んだ。

悲しかった。

nextpage

でも、ちょうどその時、飼っていた猫が子どもを産んだ。

父さんはまた僕の頭を撫でながら、

「それはきっと、ハムスターの生まれ変わりだよ」

と言った。 

nextpage

そういうことか、と僕は思った。

嬉しかった。

だから、大事に大事に育てた。

nextpage

separator

nextpage

猫は長生きしたが、やがて死んだ。

僕は高校生になっていた。

ちょうどその時、飼っていた犬が子どもを産んだ。

nextpage

僕は、上京で実家を離れるまで、大事に大事に犬を育てた。

上京してからも、毎日のように父さんに、犬は元気かとメールをした。

年に数度帰省するときは、ずっと一緒に過ごした。

nextpage

そんな犬も年老いて、今、僕の腕の中で瞼を閉じた。

「ありがとう」

僕は犬に声をかけた。

nextpage

涙を流す僕の肩を、優しく抱き締めてくれる腕があった。

僕の婚約者だった。

「ありがとう」

僕は、彼女にも礼を述べる。

彼女のお腹には、新たな命が宿っていた。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

――さあ、これで準備は整った。

幼い日、父さんは言った。

生まれ変わりだよ、と。

nextpage

ハムスター。

猫。

犬。

そして――。

nextpage

途切れることなくつないだ輪廻の輪は、ついに結実した。

「再び」、人の形へと。

nextpage

生まれておいで。

やっとまた会えるね。

おかえり、

nextpage

母さん。

Normal
コメント怖い
0
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ