皆殺しの家【リレー作品③】

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

皆殺しの家【リレー作品③】

フェンスを潜ったとたん、季節が冬へと変わったように感じた。

冷たい…とにかく空気が冷たいのだ。

耐えきれずに身震いをすると、俺にくっついてる史華が不思議そうにこちらを見てきた。

nextpage

「進くん、どうしたのぉ?寒い?

あ!史華が温めてあげよっか!」

『え、遠慮しておくわ…w』

全く…頼むから夏美ちゃんの前であまりベタベタしないでくれよな…。

俺の心の声は、ため息となって消えた。

nextpage

夏美ちゃんの方を見ると…

円を描くように建てられた家のうち、最も奥の1戸を凝視していた。

目を見開き、呼吸も浅く、細くきざんでいた。

近くでテンション高く騒いでいる、太郎と洋子の声は聞こえていないようだった。

nextpage

俺は話し掛けようと肩を叩いた。

「!?」

電気が走ったようにビクッと跳ねる夏美ちゃん。

『どうしたの、大丈夫?』

「ハッ…ハッ…ハッ…、ここヤバイ…

ヤバイですよ進さん…!」

震える指でさっきまで見ていた家を指す。

nextpage

「あの家で間違いない…!…女の人は絶対に入ったら危険!!」

俺も恐る恐る指差す家を見てみる。

確かにやばそ…………ん?

nextpage

「…夏美ちゃん…。ちょ…w

あ、あれ…www」

『え?どうし…え!?

shake

兄貴!!洋子さん!!』

nextpage

俺達が話している間に、先ほどまでは隣で騒いでいたはずの太郎と洋子は

家に入ろうとドアをガタガタと2人で動かしていた。

nextpage

「ちょっと兄貴!?よりにもよってなんでその家…!待って!!」

『おい太郎!洋子!まじヤバイんだって!戻ってこい!!』

俺達の声は届いているはずなのに、2人は振り向きもせずに

古びたドアをこじ開けることに夢中になってた。

nextpage

「兄貴!」

夏美ちゃんが太郎達の元へ走り出した。

俺も加勢を…

nextpage

shake

グッ!

『!?』

nextpage

走り出そうとした俺の身体は、左腕に掴まれている力によって制止された。

振り向くと俺の左腕を掴んだ史華がうつむいていた。

nextpage

『おい史華…!太郎達を止めなきゃ!離してくれ!』

「なんでですかぁ?」

俺を掴む手に力がこもった。

nextpage

『なんでって…、状況的にまずいだろ!頼むから離してくれ!

怖いなら一緒に行こう、ほら!』

「嫌ですぅ。なんで行く必要があるんですか?」

…おかしい

俺はさっきから全力で振りほどこうとしてるのに…

史華の身体がピクリとも動かない!

nextpage

「…あ、わかったぁ!」

『へ?』

nextpage

shake

「お前もママを奪いにきたのか!!」

突然顔を上げた史華は、鬼の形相だった。

nextpage

『うわあぁぁ!!!』

ドンッ!ドサッ!

左腕が折れそうなほどの力で掴む史華を全力で突き飛ばした。

痛がる様子も無く起き上がってこようとする史華に

俺の全神経が警報を鳴らしていた。

nextpage

ヤバイヤバイヤバイ…

こいつ…史華じゃない!

nextpage

俺は夏美ちゃん達が向かった家へと、走り出した。

nextpage

『夏美ちゃん!』

「あ、進さん…。」

『2人は?』

「ドアが開かないと悟ったのか、あそこの割れた窓から入って行きました…。

私の声も聞こえてないみたいで…。」

nextpage

夏美ちゃんの指差す方を見ると、庭側の窓ガラスが割れていた。

…あそこから入ったのか。

nextpage

「…あれ、史華さんは?」

『!!…そうだ、史華も様子がおかしかったんだ!

突然怒り出して…〈ママを奪うのか!〉って…。』

そう説明しながら史華がいる方を振り返り、懐中電灯で照らす。

nextpage

史華は、歩きながらこちらに向かってきていた。

『…まずい、こっちにきてる!』

「進さん!私達も中へ入りましょう!

史華さんもまずいけど…兄貴と洋子さんは、もっと危ない!」

nextpage

そう言った夏美ちゃんは、意を決して窓の中へと入って行った。

俺もそれに続いて、家の中へと足を踏み入れる。

nextpage

…こうして俺達の、長い夜が始まった。

nextpage

nextpage

この時、俺は甘く見ていたのかもしれない…。

〈皆殺しの家〉の恐ろしさを…。

nextpage

つづく

Normal
閲覧数コメント怖い
2,04736
35
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

紅茶ミルク番長さん♪ただいま火の玉は走者に追いつくべく爆走中でござります(⌒-⌒; )

表示
ネタバレ注意

ラグトさん はじめまして!
…といっても、他の作品でお見かけしているので
もうすでに仲良しにカテゴライズしようとしている
あつかましい番長でございます!w

コメントありがとうございました!
あまりにも理解不能なことを組み込むと
『番長…頭大丈夫?』って、本気でお姉様達に心配されてしまうのでw
無難にかきまわしておきましたwww

さきほどゴルゴムさんの作品を確認しましたが7走者ですね!w
楽しみにしております!
ラグトさんも楽しんでください!

表示
ネタバレ注意

にゃんさん はじめまして。
怖話でやかましいといえばこの私!
騒がしい奴と言えばこの私!
紅茶ミルク番長でございます!w

コメントありがとうございます。
そう言って頂けると喜びのあまりニヤk…いえ、嬉しいですぅ~!
この後のストーリーは、私も楽しみです!
一緒にお祭り、楽しみましょう!w

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

お久しぶりです。
来てみれば何やら楽しそうなお祭りの最中。。。
これは続きが楽しみです笑

みつ姫姉様!
ごきげんよう!
コメントありがとうございます。

お待ちしておりましたw
みつ姫姉様なら、安心してまかせられる自身がありましたので
好き勝手キャラクターを動かしちゃいました!w

まだ作品は読めていませんが
ミルクティーのお供に読ませて頂きます!わくわくw

あとでマイペにも、お邪魔しますね~w

こげ様 はじめまして!
コメントありがとうございます!
紅茶ミルク番長と申します。
真面目でおとなしく、地味でひかえめな番長です。
ぜひよろしくお願いします。

…あ、なんかどこからか鉄拳が飛んできそう…

おや?
こげ様…
アイコンをお見受けするに、
ローゼンメイデン・ファンですかな!?!?
私は無難に真紅が好きですよ~w

マミ姉様!ごきげんよう!
コメントありがとうございます!

ご安心くださいw
番長の鼻血は5分で止まりました!w

いいのですいいのですw
私も怖かったですもんw
でも書き出しちゃえば、楽しいですよ!
何かあれば番長がマイペに雑談しにいきますよ!w

え?相談にのるかって?
いえ、番長がただマミ姉様と他愛のないお話がしたいだけですうへへw

お!主催者のロビン兄様ではありませんか!
ごきげんよう!
コメントありがとうございます!

伏線2本、書き足しちゃいましたw
素敵な企画をありがとうございます!

これからは、私もロビン兄様のとなりで
この物語の行く先(よもつ締め)を楽しみにしてますw

はるさん ごきげんよう!
コメントありがとうございます。

私も自分で書いておきながら
実際できるかって言ったら絶対にできません…w
こども肝試しすら怖いですもんw
廃墟探検だなんて…
廃墟探検だなんて…!

側転・バク天・でんぐり返ししてからの土下座してでも
断りますね!w

ピノピノさぁぁああん!
ごきんげよぉぉぉおう!
コメントありがとうございます!w

そうなんです!
続きはピノさん激ラブの
みつ姫姉様を指名させていただきました♡

私もこれから読んできます!
ああ楽しみ…

慈悲の女神のさえ姉様!w
ごきげんよう!
コメントありがとうございます。

いつもいつも
番長がにやけるような素敵なコメントを
ありがとうございます(土下座)

今年もたくさんにやける予定です!w

みつ姫姉様の作品、アップされていますね!
私もこの後読んできます!

珍味様 おひさしぶりです!
コメントありがとうございます!

わーいw
褒められた~!w
これで今日の残業も乗り切れますw
珍味様の言葉を胸に…

あ、誰か今(キモチワルイ)とか思いませんでした?

おおとりよもつ様!
ごきげんようでございます!w
コメントありがとうございます。

あらいやだw
よもつ様にはバレバレの嘘のようでしたw
だってぇw
めんどくs((殴

いや、ほら…
番長は説明とかへたくそだから
他の方にね?してもらったほうがね?
皆様もわかりやすいかと…w

すいませんでしたぁぁぁああ!(逃)

りこ様 ごきげんよう!
コメントありがとうございます。

数多の作品を読んでいるりこ姉様の
予想の範囲外に行けたとは!?
してやったりぐふふふふ…
あ、やばいやばい顔がゲスく…!

私もこの先が楽しみでしょうがないです!

鏡水花お姉様♡ごきげんよう!
コメントありがとうございます!

あ、あれ?
さっきコメント返信したばかりなのに
ここにもマ○゛ツヒさんが…?w

お姉様からお褒めの言葉を頂けるなんて
番長、歓喜の極みでございます!!

鏡水花お姉様に褒めてもらえただけで
番長は未練もなく昇天しそうです…w

みつ姫姉様なら絶対に私の考えるストーリー以上の逸品を
作って下さると信じてます!

龍田詩織様 はじめまして。
紅茶ミルク番長と申します。
コメントありがとうございます!

んなんとぉ!?
私の他の作品も読んでくださってるんですか!
ありがとうございます!ニヤニヤ

仕事も繁忙期に入り、あまりここにはおりませんが
ぜひ仲良くしてください!
もうぜひに!ハァイ!
(↑嬉しい言葉をもらうとすぐさま友達申請するタイプ)

投稿スピードはふだんはまったりしております…w