インターネットの恐ろしい現実(隠蔽と欺瞞のジオラマ)

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

インターネットの恐ろしい現実(隠蔽と欺瞞のジオラマ)

1

 GETTRはアメリカのトランプ派(共和党・保守愛国)が新設したSNSとされ、この夏にオープンしている。

 TwitterやFacebookなどでアカウント抹殺されるのに備えた予備・対抗措置という面が強いが(Twitterなど運営がトランプ大統領や支持者の不都合な情報アカウントを凍結しまくり、日本でも類似?)、

日本ではほとんど知られていない(そのことだけでも特定勢力による情報封鎖の強力さがわかるはず)。

nextpage

 そして残念なことに、一部のアメリカ愛国著名人アカウント以外に信頼性(や相互フォローする価値)はない。

理由は特定左翼勢力の工作員が大挙してアカウント開設し(保守愛国や反共産を偽装して)、集団で撹乱プロパガンダや誤情報を大々的に拡散しているからだ。

日本では存在自体があまり知られておらず、そのためGETTRにある日本語アカウントの多くは(比率として)、共産勢力や在日コリアンの工作員が日本人愛国者を偽装していると考えられる。

 残念ながら、TwitterやGoogleなどの「ビッグテック」は共産系と親しいらしい。

nextpage

2

 それで、ここのサイトも「虚構の世界ジオラマセット」の一部なんだろうか?(何番地くらい?)

 いつものように、アカウントや発言消してこない辺り(組織的欺瞞を)そろそろ「諦めた」感じか?

 心境変化の原因はやっぱりオミクロン株あたりで、ついに「(キチガイ左翼の司令部に)付き合いきれなくなった?」。

ただ、タイミング的に既に(連帯責任から)「逃げ切り」は厳しい・難しいと思うよ(余命弾圧だけでなく、コロナのテロ連帯幇助をやり続けたわけだし)。

nextpage

 たとえば「NAVERまとめ」とかも、一見は日本のサイトに見えて韓国系業者らしいしな。Yahoo!や楽天やLINEだけじゃないんだよなw

 漫画閲覧サイトとかでも、日本の漫画に偽装して、韓国の漫画が混ざっている。

そもそも日本の漫画でも、作者が在日コリアンや共産シンパでないとは言い切れないだろう。

共同通信(地方新聞に元ネタを売っている)とかも北朝鮮系らしいしな! 

大学の学者や言論人とかだって、たいがいで「グル」みたいなものでは?(「社会の公器」の特権地位だの、学費と税金で給料貰ってようが、お構いなしw)

 どうせ今の世の中そんなのばっかりだろうし(ニュース情報サイトや文芸投稿サイトとかもw)、直接に工作員サイトでなくても、出版社とかも裏でズブズブでは?(マスコミだけではないはず)

 運営側に工作員潜伏(または運営そのもの)や脅しと買収で統制ネットワークして、ユーザーに大量の工作員(在日コリアンや共産)がいたら、どんな「ヤラセ」「欺瞞工作」でも、やりたい放題だったんだろう(戦後、特にこの20年30年はずっと)

Normal
コメント怖い
0
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ