炙り出し(ショート怪談)

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

炙り出し(ショート怪談)

1

 転居したマンションの壁紙がおかしい。

 半月ほど前の入居時には何ともなかったのに、急速に影か染みのようなものが浮かび上がってきて。まるで薄めたインクか墨汁でも零したかのように、白い壁紙が変色してくるのだとか。

 たしか、そんな話だった。

「ひょっとしたら、カビか何かが、新しい壁紙を裏側から突き抜けてきてるか?」

 けれど、本当に心配していたのは。

「まさかとは思うけど。血の跡とかじゃないかなー、って」

 少し笑うようなやるせない表情は、本心の不安のせいだったのだろうか。

 どうでもいいようなことだけれど、住んでいる自分自身の部屋だから逃げられない。もっとも身近であるゆえに、一分一秒ですら離れられない。

 ストレスのようで、目が据わって、どこか脅迫観念めいた病的な早口に感じた。

 たとえ道端のゴミや虫が、一般論でありふれていても、それが自分の家の前や部屋の中だったら、全然意味が違ってくる。人間の意識は主観であるし。

「ほら。事件とか。人殺しやリストカットみたいなの。あんまり考えたくないけどさ」

nextpage

2

 その後に当事者の知人にまた会ったとき、どうなったか訊ねてみた。

 するとそいつはギョッとして。

「べ、別に」

 誤魔化すように目を逸らす。

 見ての通り、何事か隠している様子であった。

 だが困っているとか、怖れているというより、単に話しづらいとか、そんな風に思えた。それだけでも軽い安心を覚えたが、やはり気にはなる。

 興味を持ってじっと顔を見ていると(たぶんからかい半分のニヤニヤになっていた?)、その知人は急に、少し涙を目に溜めた。

「見に来る?」

 なんだか意を決している顔だった。

nextpage

3

 道すがら、少し照れるみたいな寂しげな面差しで話してくれたことには。

「悪戯だったんだ、娘の。あの部屋って北向きだからさ、「炙り出し」みたいな仕掛けをしても、すぐには反応しなかったんだと思う。離婚の話で来たときに、ついてきて。たぶんそのときにコッソリやったんじゃないかな?」

 見せられた部屋の、白い壁紙。

 さながら聖骸布の奇跡のように、壁に可憐な小さな少女の顔が陰影で浮かび上がってきていた。まるで絵画の名人が書いた水墨画のように。

 不可思議な「炙り出し」ポートレートの近くの壁には、ネジ釘に吊るし、プラスチックの小さな花瓶までが取り付けられていた。

「あのとき、帰りの道で事故に遭って。でも帰り際に、「また会いに来たい」って泣いてぐずってて。だから、「絶対に」って約束してた」

 泣き出した知人に、どこからか子供の声がした。

 私にも聞こえた。「また会いに来るから」。

 白い壁紙の顔が流れるように崩れ落ち、その壁に穴が開く。まるで強い酸でもかけたように。壁の中の空間が露わになる。

nextpage

 そこには切り取り剥がされた、子供の顔らしきものが貼りつけられていた。

shake

 知人は突如として奇声を上げ、涙とよだれをダラダラ流し、両手で頭を抱えて叫びだした。尿と大便の臭いまで漂ってきた。

 フローリングに両手で蹲り、嘔吐しながらさかんにブツブツ呟いている。

「あいつが悪いんだ、あいつが悪いんだ」

「愛してたからなんだよ。愛してたんだから!」

 とうとう気が狂ったらしい。

 精神が限界だったのだろうか。

「もう無理なんだよっ! 早く刑務所に入れて死刑に! なんでこんなことになったのか、わけわからない! 精神病院で夢見てるんだ! そーだった」

 屁と大便を漏らしながら、バッタリと卒倒して倒れてしまう。臭かったが、あまりの無残さに、恐怖や怒りより同情に近かった。

 あとで聞いた話では、そいつの離婚した配偶者は交通事故で、そのとき一緒にいたはずの子供は行方不明になっていたらしい。離婚の原因は苦悩と不和による家庭内暴力と、レイプで生まれた子供への物理的・性的虐待だったそうだ。

@End@

Normal
コメント怖い
0
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ