廃屋(~守られる~番外編その2)

長編13
  • 表示切替
  • 使い方

廃屋(~守られる~番外編その2)

夜八時。僕は、都内から電車で二時間掛け、数年振りに生まれ故郷に戻った。

母方の祖父が亡くなったと連絡があり…葬儀の為に、どうしても戻らざるを得なかったのだ。

冠婚葬祭だから仕方無いと思う反面、足取りは重い。別に、喪主を務めるとか、何か責務がある訳では無いが…子供の頃から、何となく母方の地元は苦手だった。

一見、何の変哲も無い、どこにでもある普通の田舎町なのだが…何というか、やる気とか活気とか、そういうのが全部吸い取られていく…そんな空気が纏わりついて、馴染めなかったのだ。

「ごめんね、中々仕事が片付かなくて、帰国出来ないのよ…代わりにお願い!」

国際電話から聞こえる母親の声は、ハツラツとしていた。

口には出さなかっただけで、母もきっと、この町の空気が苦手だったのだろう。だから…離婚時、一人息子が迷わず父に付いて行くと言ったのを、受け入れたのだと思う。

地図アプリを頼りに、見慣れない道をひたすら歩く。十年前、この辺りは少しだけ区画整理があったそうだ。

何でも、ある一家が自分達の家を増改築する為に、周辺の土地を買い取ったらしい。

「ああ、あれか…」

自分が今いる場所から、斜め右上の方向。外灯に照らされた、まるで大名屋敷のような立派なその屋根は、何の特徴も歴史も感じさせないこの土地には、酷く不釣り合いだった。

暫くして、地図アプリが案内終了のアラームを鳴らす。そして、年季の入った、擦りガラスの嵌めこまれた木戸を開けると…廊下の奥にいた喪服姿の女性が、僕の気配に気づいて振り返った。

「フミヤ君?…久しぶり」

それは、母の姉、ユキミさんだった。

「伯母さん、お久しぶりです…遅くなってすみません」

「いいのよ、急でごめんね…さ、上がって」

玄関を上がり、伯母の後に付いて廊下を進む。そして、突き当りの大広間に入ると、既に親族が十人程、中央に敷かれた布団を囲む形で座っていた。

「おお、お前も来たんか、久しぶりだな」

と言われたものの…正直僕は、伯母以外の親族とは殆ど関りが無い。

だから、いきなり「お前」と言われて内心ムッとしたが、「ご無沙汰しています」と当たり障りのない言葉を返し…一通り挨拶を終えた僕は、広間の奥に進んで座布団に腰を下ろした。

眼前には、布団に横たわる祖父の遺体…母曰く、僕が物心付くか付かないかの頃に、数える程度の関わりはあったらしいが…正直、全く記憶に無い。

それ以上に、僕の中では、失礼ながら「これが祖父なのか?」という疑問が沸いていた。顔に白い布を掛けられ、その下はしっかりと掛布団で覆われていたから…なんて言うか、遺体というより、「白い布の塊」という風にしか見えなかったのだ。

その後、特にやる事も無く…「白い塊」のある空間の居心地の悪さに耐えられなかった僕は、一時間もしない内に家を出て、予約していた隣町のビジネスホテルに向かった。

すると…入るなり、見覚えのある顔と目が合った。

「もしかして幡山?……だよな…!?」

「え、もしかして…フミヤ!?」

幡山は、母方の地元に住んでいた頃の、唯一の幼馴染だ。

両親の離婚で僕が地元を離れた後も、時々連絡を取り合う中で…さっき電車で地元に戻る途中も、「そういえば」と、気にしていた…そんな矢先の再会。宿泊手続きも放って、僕らは暫し再会を喜んだ。

聞けば、幡山も用事の為に日帰りの予定で戻って来たのだが、思いの他用事が長引いた為、ここに来たらしい。しかし部屋は既に満室で、他に泊る所と言えばラブホしかないし…と、立ち往生していた所だったそうだ。

そう聞いて…僕は、ある提案を持ちかけた。

「幡山さえ良ければなんだけど…僕の部屋に来ないか?シングルだけど(笑)」

「えっ…いいの?」

幸い、フロントスタッフが見て見ぬふりをしてくれたお陰もあり、交渉即決した僕らは、連れ立って客室に移動した。

田舎の、簡素なビジネスホテルの一人部屋に大人の男が二人ともなると、ベッドも風呂も俄然小さいが…この時ばかりは気にならなかった。

積もる話もあるし…何より、地元に戻った途端に、僕は酷く…心細くなっていたのだ。

「なあ、フミヤは何で戻って来たんだ?」

「母方の祖父が亡くなって…母親の代理で。と言っても、殆ど絡み無かったけどね」

「そうだったのか…あ、という事は…フミヤはあの家、見たのか?」

「家?」

「デカいお屋敷だよ、オレ、実はさ…あの家について調べたくて、戻って来たんだ」

あの家が出来たのは、幡山が進学の為に上京して、すぐの事だという。

父と一緒に地元を出てから、殆ど足を向ける事の無かった僕に対し、幡山は年に数回の頻度で帰省していた。そして、帰る度にあの家は増改築を繰り返し…今の姿になったという。

所有者は地元の人間では無く、どこからかこの町に移り住んできた、「玉木」という一家だそうだ。

だが、玉木家は悪い噂が後を絶たなかったそうで…それは、今でも地元民の間での語り草なのだという。子供の間では、特に…

「俺、学習塾通ってたろ?その時の、クラスメイトの子供が、『チョコレートおじさんが出る』って言ってるらしくてさ」

チョ…チョコレートおじさん…!?なんだそれ…!?

余りにも奇妙なネーミングに…酒で酔っていた事も相まって、思わず噴き出した。幡山もつられて笑い出し、話を中断せざるを得なかった。

何とか一段落ついて、話の続きを聞く事には…そのおじさんと言うのは、いつもチョコレートを持ちながら町を徘徊しているそうなのだ。

出没する時間や場所もまちまちで、いつもいる訳ではないのだが…ただ、遭遇した場合の不快感は、半端じゃないそうだ。

「なんか、チョコレートを素のまま手に持って食べ歩いてるとかで…風呂も入ってないのか、チョコの溶けたのと体臭で、見た目がぐちゃぐちゃらしい。その子の親はまだ遭遇した事無いらしいんだけど…子供の間ではだいぶ噂になってるんだと」

「うえっ…なにそれ…でもそれって、ただの浮浪者なんじゃないのか?警察に言えばすぐに解決するんじゃ…」

「実害が無いからって、相手にしてもらえてないんだよ…」

「マジかよ…ほんっと警察ってアテにならねーな…それで、幡山に連絡をしてきたのか」

「そうそう…まあ、俺も…個人的に…気になってて、な」

幡山は、何かためらうようにそう言うと、手に持っていた缶ビールを飲み干した。

チョコレートおじさんについては全く知らないけど、その「玉木」という家の事は、そういえば僕も、少し聞いた覚えがあった。

そこの一人息子が結構な問題児で…トラブルが絶えなかったとか…何とか。実際は、もっと色々な話があるんだろうけど…当時、周囲の出来事に余り関心の無かったので、殆ど覚えていない。

だから、今になって幡山から話を聞いた僕は、酷く興味に駆られた。こんな退屈な田舎町にも、曰くのある怪しい話があるのか、と…

「幡山、それ、僕も参加してみたいんだけど…どうかな?」

「えっ!?あ、いやまあ…いいけど、その…お爺さんの葬儀は?」

「親族の一人として顔出しに来ただけだし、それもさっき終わらせてきたから」

僕は、酔っぱらって上手く回らない頭からどうにか理由を考え出し、幡山を説き伏せた。こんな事言ったら残酷だけど…正直祖父の葬儀には、最初から何の関心もなかったのだ。

「…じゃあ、決まりだな。しっかし、チョコレートおじさんって…ヤバいな(笑)とりあえず、俺、先に風呂入って来るわ」

「…ああ…」

幡山は、窓の外をしきりに見つめていた。

外は、時折車のヘッドライトが光るのを除けば、ほぼ真っ暗闇。

特に、何かを探しているとか、目で追っている訳では無い…けど、幡山の顔つきは…その暗闇の奥にある「何か」に対して、注意を払っているようだった。

separator

翌朝、僕は一足先に部屋を出て祖父の家に向かった。

玄関の引き戸を開けると、数人の足音と共に線香の薫りが漂う。

廊下を進み、祖父の遺体がある大広間の手前から中を覗くと、昨日の親戚達が朝飯を食べている最中だった。

とりあえず、形だけでも祖父に挨拶を、と思っていたのだが…その立ち入れない空気に、僕は廊下を引き返し、何も言わず立ち去ろうとした。が…

「フミヤ君」

ふいに、背後から伯母の声がして…思わず小さな悲鳴を上げた。振り返ると、眼前に険しい表情の伯母が佇んでいた。

「どこ行くの?遅かったね。これからこの後、焼き場に行くんだけど」

「あ、いや…それが…仕事で呼ばれてしまって、帰らないと行けなくて…最後に挨拶をしようと…」

「そう…帰るのね、随分急なのねぇ」

「あの…本当ごめんなさい!…大した力になれくて…」

「いいのよ、あんないい加減な姉さんの代わりに、時間かけて来てくれたんだもの」

「すみません…今、帰国が難しくて…」

「難しい、ねぇ…まあ、フミヤ君そもそも、お爺ちゃんと大して関り無かったもんね…退屈よね…本当に」

ユキエさんの声と佇まいに、疲労が滲んでいた。加えて…一刻もこの場から離れたいという、浅はかな思惑を読まれた焦りで、背筋と頬に嫌な汗が伝う。

「…伯母さん…あの…」

「大丈夫よ、もういいわ…ありがと…」

「すみませんでした……失礼します」

「……あの家には、近付かないでね…」

「え…?」

気が付くと、ユキミさんの姿は目の前から消えていた。あの家には近付かないで…って、一体何なんだ…?あの家って…?

───大丈夫か?こっちはいつでも行けるが。

幡山からのチャットを確認して、待ち合わせ場所に向かう。…葬儀の参列を、自分本位な嘘の理由で断った事による罪悪感からか、心なしか体が重かった。

「おい、大丈夫か?顔色…」

幡山曰く青褪めていたそうだが…構わず僕は足を進めた。

顔色とは裏腹に、大屋根が近付く毎に高揚感が増す。なんでも、お屋敷はこの十年で色々あって今は廃墟同然だそうで…「チョコレートおじさん」は、その家の住人だという。

どんよりとした雲がさっきよりも厚みを増して、夜と見紛う程に辺りが暗い。

「俺、職場の同僚からさ、相談されたんだよ」

ふと、幡山の声が、静まり返った空気に響く。

「相談?」

「それがさ…結構ヤバくて…高校の同級生だった奴らが、行方不明なんだってよ」

「何それ…それって今回のと、関係あるのか?」

「しかも、行方不明になる前、結婚式の招待状が送られて来たって…それが、あのお屋敷から送られてたんだよ」

「え…!?何それ…つうかそれって…警察に言った方が…」

「チョコレートおじさんの時と同じ、アテになんねぇんだよ…」

気付くと、幡山の表情は…昨夜と同じように、何か暗がりの奥をぼんやりと見つめている…

「おい…幡山…?おい、大丈夫か───」

「あっ!!!」

…と声を出すと同時に、幡山は僕の袖を引っ張ると…横の細い路地に身を隠すよう促した。

「…あれだよ…あれ…!!」

それは、僕が想像していたよりもずっと…醜い有様だった。

暗がりの中…ズッ…ズズッ…と、力無く足を引き摺る男…振り乱した、バラバラでボサボサの髪、見るからに古く傷んだジャケットとズボン…

その体全体から、甘ったるいのと、浮浪者に遭遇した時の…あの何とも言えない臭いが混ざりあったものが、十メートル先にいる僕と幡山のいる場所まで容赦なく漂ってきて、思わずえづいた。

その間、男はしきりに

「……ん…だ…だよ…」

「やだ…んだ…よ…」

と…何かブツブツ言いながら、握った右手から、ボタボタ、と泥に似た茶色い液体を漏らしていた。

「うぇええ…ヤッッッバ…!思ってた以上だわ…どうするよ、幡山…」

「…尾行するぞ、しっかし、意外にあっさり遭遇出来たな…」

幡山はそう言うと、慎重に横路地から出て足を進めた。

男の後姿を、持って来たビデオカメラで撮影しながら気付かれないように進む…が、男の歩く速さはかなりゆっくりな為、十メートル先の屋敷に到達するのも時間が掛かった。

お屋敷は、幡山の言っていた通り荒廃している。元々はインターホンが付いていて、遠隔操作で開くシステムだったであろう巨大な門も、とっくに機能を失い、朽ち果てていた。

ユキミさんの、「あの家には近付かないで」と言うのは…きっと、荒れていて物理的に危険だから、という事かも知れない…

そんな事を考えながら、ただひたすら黙って歩いている内に、僕はふと違和感に襲われた。

民家の密集地だというのに、さっきから僕ら以外の誰の気配も無く、一つの生活音も聞こえてこないのだ。

普通なら、通勤通学の人々とすれ違ってもおかしくない。実際、時計を見ると朝の八時…しかも平日だというのに、人の気配は未だ無に等しかった。

「…何で玉木家が退廃したか、知ってるか?…この家に昔から祀ってる神様のせいなんだよ…」

「…それって、祟り的な…?」

「ここの一人息子の妻子が事故で死んだのも、次の女が消えたのも…神様のせいなんだ…どうにか世継ぎを作らないと、って躍起になる内にどんどん家が傾いて…可哀そうだよなあ…」

「幡山…?」

「あの神様は、あいつに取り憑いて離れないんだよ…本当はな。でも、玉木の家はそれを知らねーんだ…ククッ…フッ…可哀そうになぁ…バレンタインの日に…妻子失って…ざまぁみろ…ざまあ…」

幡山の目は、もはやどこに焦点があるのか、分からなくなっていた。男は尚も歩き続ける…まっすぐ行った先には、小高い山があるだけだ。

一体、僕らは何をしているんだ…?

怖い。背中が、全身が…寒気で覆われる。引き返して帰りたい…なのに、僕の意思に反して、体は山に向かっている…

「そうそう…さっき言ってた、同級生の行方不明…いなくなる前に、あの屋敷から招待状が送られて来たそうだよ…しかも、その場所に…フフッ、クククッ…その場所に向かった奴が…心霊写真が撮れたって…騒い…フッ…ハハハハッ…騒いだって…!」

「なあ、幡山…もうやめよう…?もう帰ろう…やめてくれ…」

「あいつら、視ちまったんだよ…視ちまったんだ…」

気が付くと、僕と幡山は山に足を踏み入れていた。雑草が生い茂る獣道を、男はズンズン歩いて行く。

既に幡山は、何かに取り憑かれたように…さっきからずっと同じ話を繰り返していた。岩や根っこを避けずに無理やり進んでいる為に、両脚のあちこちに血を滲ませながら。

涙が止まらない…進みたくないのに、何かに引き寄せられて、足が勝手にどこかに向かっていく。

どれくらい歩いただろう…突如開けた空間に、複数の人影が見えた。

女性…それも二十人程の、生気の無い全裸姿の若い女性が…広間の至る所に立ち尽くしたり、寝転がったりしている。

呆気に取られ、その異様な光景を唯々見つめていたその最中…男の首の付け根辺りから、何か黒い煙のようなモノが湧き出てきた。

それは、次第に人型の形を帯びて…一人一人、女性の近くを通って行く。

そして、通り過ぎたその瞬間に…女性の体が、まるで蝋燭のロウが溶けるかのように、頭部からグズグズと…皮膚や肉が流れ臓器が崩れ…一瞬で辺りは凄惨な光景と化した。

悲鳴なんて出ない。恐怖で喉が締め付けられ、ただ震えるしか無い。

「な、んだよ…これ…」

幡山は、跪いて首や腕をくねらせながらケタケタ笑っているだけだった。

「助けて…誰か助けて…助けてくれ…!!!」

誰ともなく、泣きながら心の中で叫んでいた…その時。

───なんで、まだたりないんだよぉ…もうやだよぉ…ちが、血が…たりない───

頭のどこからか…男の声が響き渡ったと同時に、僕の意識は途切れた。

separator

…ぃ、お~い、フミヤ…

聞き覚えのある声で目が覚める。

視線の先には、見覚えのある広間の風景…

「お…やっと起きたか!おい、起きたぞ~」

親族の男性が、僕の、頭の先の空間に向かって呼びかける。自分が布団に寝かされているのが感触で分かり、自分は何らかの方法で、祖父の家に運ばれたのだとようやく理解出来た。

「あら、起きたんかい…良かった良かった」

「ちょっとユキミさーん?ご飯、ご飯」

広間の手前にある台所で、他の親族の声が聞こえ始める。暫く経つと…ご飯の匂いと共に、僕の顔を伯母が覗いた。

「…あの、あの…これ、どういう…」

「フミヤ君ね、倒れてたの…家を出てすぐ。あのお屋敷の手前の所で」

「えっ…いや、そんな筈…僕、幡山と一緒に…」

「……通学中の学生が連絡してくれたのよ?さぞ怖かったでしょうね…大の大人が、居もしない誰かと会話して、突然倒れたんだもの」

え──────?

いや、いや違う…確かにあの時…僕は幡山と一緒に居た。通学中の学生…?いや、だって…あの時、僕と幡山以外、誰の姿も見ていない。空だって、異様に暗くて…変に静かで…

「うっ…眩し…」

庭に面した襖の外からは、燦燦と柔らかい光が差し込んでいた。携帯の時刻を見ると、ここから出て一時間も経っていない。そんな短時間の内に、僕は一体…

「…さっさと食べて、帰りなさい」

「あの…伯母さん…」

僕は、伯母に頼んで祖父の火葬に付いて行った。結局、興味が無いだの云々思っていても…罪悪感には勝てなかった。遺体が炉に収まり、そして全てが終わると…僕は伯母と共に、その足で駅まで向かった。

幡山はどこに行ってしまったのか…あの、グロテスクな光景は夢だったのか───?そもそも、どこからどこまでが現実だったのか分からない。

本来なら、心配して、必死で探し回る筈だが…何故かそんな気も、気力すらも無くしていた。

「心配かけました、すみません…」

ユキミさんの表情は、依然として険しいままだった。実の父の葬儀をほったらかす実姉と、同じくいい加減な甥に、ほとほと愛想が尽きたのだろう。

しかし、頭を下げる僕の後頭部に向かって、ユキミさんは思いもよらぬ事を口にした。

「あの家に必要なのは…人の肉体と魂なの、世継ぎじゃない…それが…あの家の人間の宿命…約束を破り、長年力ずくで縛り付けて『無理やり守らせていた』ツケなのよ…」

「え、そ、それって…あの…」

次の瞬間、電車のドアが閉まり…ユキミさんは背を向けてホームを後にした。

電車の窓から、遠ざかる町を眺める。何の変哲のない、どこにでもある町…

だが、そこを取り巻く空気は、あの町が抱えるものは、重く忌々しい。あれは、夢ではない…確かに僕は見たのだ。

「お疲れー、今日って帰ってくるんだっけ?」

婚約者からのメールに安堵する。そう…早く家に戻ろう…それが一番良い…

「今、帰りの電車の中。午後にはそっちに着くよ」

「そっか!気を付けてね~そうだ…ちょっとコレ見てよ!」

送られてきた画像は、どこかの日本家屋の門を写真に撮ったものだった。そこには、男女の後ろ姿が映っていて…

「これ、スパムだよね…?突然送られてきてさ…」

見覚えのあるその造形、その姿…背中を、冷たい何かが通り過ぎる。

「スパムだよ、早く消しな」

離れないと、早く…早く!!!

もう、あの町には二度と訪れないだろう。

例え誰が死んでも…

Normal
コメント怖い
2
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@さかまる 様
ご無沙汰しております。
申し訳ありません…シリーズものなのに、タイトルおざなりにしておりました(*_*;
ご指摘頂き感謝です!

返信

初見でちょっと分からんなと思ったら、シリーズものでしたか。。
冒頭かタイトルにでも分かるように書いといていただけると助かります。

返信