中編2
  • 表示切替
  • 使い方

叫び声

wallpaper:3706

その日、私は酷い風邪を引き、仕事を休んで朝からベッドに横たわっていました。

熱は39℃を超え、普段低体温の私は、『もうこのまま死ぬんじゃね?』なんて思いながら、熱い身体に反して起こる壮絶な寒気に苦しんでいました。

nextpage

ヘビースモーカーな私も、流石にこの時はベッドから起き上がれず、かといって寝タバコはプライドに反する。ニコチン切れでイライラも重なり、眠ることも出来ず、痛む節々を緩和させようとベッドの上で頻回に寝返りをうっていた時、部屋のクローゼットに違和感を感じました。いつもキチンと閉めているクローゼットが少し開いていたのです。

nextpage

変なところで几帳面な私は、重い身体を起こし、クローゼットを閉めました。

その時クローゼットの隙間に女性が見えた気もしたのですが、如何せんしんどさがピークだったので軽率に無視を決め込み、再びベッドへ。

しかし、先程閉めたハズのクローゼットがまた開いています。

『勘弁してくれ…今日は止めてくれ…』

nextpage

そう思いつつ、開いたクローゼットを凝視すると、やはり女性の顔がそこにありました。顔だけが浮かんでいるように見え、血の気の失せたその顔で何かを呟いています。聞き取れないほどの小さな声でした。口の動きからも何を言っているのか読み取ることは出来ず、熱に浮かされていた私は、布団を頭まで被り、狸寝入りを決め込むことにしました。

nextpage

女性の顔は見えなくなりましたが、だんだんと大きくなるその声。やはり何を言っているかまでは聞き取れませんが、その声を煩わしく感じた私はイヤホンを耳に装着し、音楽を流し、気を逸らしました。

nextpage

そんなこんなとをしているうちに、いつの間にか私は眠っていたようで、窓に目をやると既に外は真っ暗でした。薄っすらと月明りで見える室内。クローゼットはいつも通り、ぴったりと閉まっています。

『夢やったんかな。寧ろ、無視して正解やったんかな。まあええわ。』

そう思いつつ、装着したイヤホンを外した時…

nextpage

「ああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!無視するな無視するな無視するな無視するな無視するな無視するなあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

nextpage

霊を安易にあしらってはいけないと痛感した出来事でした。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,93114
37
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

つっきー

それ以来出て来なくなっちゃって、結局何を伝えたかったのかは謎なんやけども、「なんか…うん…ごめん…」ってなったよw

表示
ネタバレ注意

こめちゃん

普段やったら、うちもびっくりしてたんやろうけど
しんどさがピーク過ぎて、「うるせえええええええ!!!!」ってなったよ。
ある意味病弱の時の自分が一番強い気がするwww

表示
ネタバレ注意

ゆか

それが、その後は一回も見なくて。
逆に何の用だったのか気になるよね。
何か、ホンマごめんな…ってなったで( ゚Д゚)www

shiburo様

コメントありがとうございます!!
最近、コメント欄にshiburo様をお見かけするようになって、うふふ( *´艸`)な私です♬

ふたば様

お忙しい中、私の作品を読んで下さって、更にコメントまで頂けて…
もう本当に嬉しいです!!!!

霊にも色々な性格があるんでしょうか?
彼女は短気な方だったんですかね?
その後、現れることはなかったので、諦めてどこかへ行ってしまったのかもしれません…

むぅ様

そんな一生懸命に何かを訴えていたのに、頑なに無視され続けたら流石に怒らせてしまったんですかね…そう考えると申し訳ないような…

嘘みたいな本当のお話しでした!!

ちいちゃん

熱に浮かされてしんどい状況やと、怖いとか全く思わんのよね。コレが。
耳元で叫ばれた時も、
「はいはい、ごめんて。」くらいのノリやったもん。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意