中編3
  • 表示切替
  • 使い方

百物語 【三十九話目】

やあロビンミッシェルだ。

愈々、百物語も三分の一を過ぎ、チラホラと霊的な現象を感じておられる方もいらっしゃる様です。

僕も二十話を過ぎた辺りから、読んでいて全身に寒気を感じる様になりました。

皆様、本日からは寝る前に塩水でうがいをしてからお休み頂く事をお勧め致します…ひひ…

それではここで一つ、去年から僕のお店の常連客となった智津子さんから聞いたお噺をさせて頂きます。

separator

三十九話目

【花子お婆ちゃん】

智津子さんは窓から差し込むゆったりとした日光に誘われて、正座をしたままで眠りこけていました。

ここは彼女の実家です。

目の前のテーブルには一昨日、肺を患って天国へ行ってしまった花子お婆ちゃんの遺影と骨壷。

母から暫しの留守を任されていた智津子さんは、今朝方までのお葬式の疲れがドッと押し寄せたのでしょうか、知らない内に寝てしまっていたと言います。

「ちーちゃん、そんな所で寝てると風邪ひくがね」

夢か現か定かではない微睡みの中で、智津子さんは背中に右手から左手にスーっと移動する冷たい「何かの存在」を感じたそうです。

その時、視界の隅にお婆ちゃんがよく履いていたスカートの裾が見えました。

「花子お婆ちゃん?」

実家であるという事とまだお昼間だという事もあり、智津子さんは少しの恐怖を感じることもなく、死んだお婆ちゃんが会いに来てくれたのかな?いや、やっぱりこれは夢だよね!なんてブツブツ独り言をいっていたそうです。

すると二階で寝ていた筈の6歳になる姪っ子の鈴ちゃんが、飼い犬のタコワサを抱いてドタドタと階段を降りてきました。

鈴ちゃんはまっすぐ智津子さんの前まで来ると、こう言いました。

「ねえねえちーちゃん、二階にお婆ちゃんがいたー。タコワサの目が悪いから早く病院に連れていきなさいって」

半信半疑で動物病院へ連れて行くと、タコワサの左目は年齢のせいかもう殆ど見えていない状態だったそうです。

「あとねー、花子って呼ぶのやめろってお婆ちゃん怒ってたよ」

鈴ちゃんのその言葉に智津子さんはドキッとしたそうです。生前、花子お婆ちゃんは自分の名前が気に入らずに、ずっと改名を望んでいたからです。

というのもお婆ちゃんが生まれた時に、出生届を託された父であるお爺ちゃんが、役場まで行った所で決めていた名前をど忘れしてしまい「花子」でいいかーなどとその場で思いついた適当な名前を書名したそうなのです。

勿論、そんな経緯を鈴ちゃんが知っている筈もなく、智津子さんは鈴ちゃんの言葉で本当にお婆ちゃんが会いに来てくれたんだと確信したそうです。

「花子お婆ちゃんたら亡くなってまで名前にこだわるなんて、よっぽど自分の名前が嫌いだったんだねー」

親族で出前の寿司を摘みながら談笑していると、お婆ちゃんの骨壷が置いてある仏間から突然、ゴトリ!と物凄い音がしたそうです。

襖を引くと仏間は異常に冷えていて、誰が触った訳でもないのに、お婆ちゃんの骨壷が台から畳に滑り落ちていました。

「お婆ちゃんマジで怒ってなくね?」

叔父さんの一言でその日から親族内では「花子お婆ちゃん」と呼ぶ事がタブーとなり、生前、本人が強く改名を望んでいた「聖子お婆ちゃん」と呼ぶようになったそうです。

【了】

Normal
閲覧数コメント怖い
70018
17
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

よ、よもつ先生の関西弁はなんとも貴重ですね。スクショしておきます!…ひひ…

ゼロお姉様、お引越しお疲れ様です!なるほど、昔は名前をつけるのに花をチョイスするのが流行っていたのですね♪…ひひ…

智津子さんに成り代わり、この場を借りて全国の花子さんに謝罪致します。申し訳ございません!…ひ…

おばあちゃん、渚のバルコニーで待ってるかもしれへん

表示
ネタバレ注意

むぅ様、もしかするとダックスフンドのタコワサ君も、改名したい内の1匹だったのかも知れません…バウ…

ともすけ様、僕もついに学校の怪談に近づけるだけの実力がついてきたのでしょうか?有難う御座います…ひひ…

ふたば様、それ霊障ですね、逃げて下さい!…ひ…

おでん屋先生、たった今智津子さんに聞いたのですが、実は花子お婆ちゃんの父も改名を望む1人だったそうです。名前は「馬吉」だったそうです…ひ…

紫音お姉様、今回のお話はつい一週間前に聞いた、採れたてホヤホヤのファンタジーストーリーで御座います!

バンビ様、コメント有難う御座います。智津子さんはたまにこう言ったお話を聞かせてくれますので助かります。しかも一切、なんの脚色もしておりません。名前も実名ですよwwばれたら確実にシバかれますね…ひひ…

まりかお姉様、僕はいつも優しいのですよ…ひひ…

りこお姉様に久しぶりにコメントを貰えてロビンは幸せで御座います!詳細はまだ言えませんが、実際に僕の部屋でも不思議な事が起きてしまっております!…ひ…お気をつけ下さい!

ロビンさんこんばんは!

私が子供の頃読んでいた学校の怪談を思い出しました!
そして、お婆さんの想いに怖いを押させていただきます。

表示
ネタバレ注意

ロビン兄さん、メッセ見て下さい

貴方の舎弟吉井より

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意