百物語 【第五十四~第五十七話】

長編8
  • 表示切替
  • 使い方

百物語 【第五十四~第五十七話】

『カシャッ!』

…………ああ、すいません。

紫音様が話を終えたばかりなのに、驚かせてしまいましたね……

正直、想像以上に凄い集まりなものですから、思わず写真に納めてしまいました。

ほとんど無意識にシャッター押しちゃいましたけど、考えたら失礼な話ですよね……女性も居るのに。

気に障ったら、ごめんなさい……ああ、そうだ!

お詫びと言ってはなんですが、僕は写真に纏わるお話をさせて頂きます。

nextpage

第五十四話

【写るンですよ】ー伊上さんの話ー

少し前から、インスタントカメラが再ブームを迎えてるの……知ってる?

『撮った写真を、その場で見れないのが面白い』

『撮り直しや加工が出来ないのが楽しい!』

……って、理由で若い子に人気なんだけど、時代だよね~。

nextpage

ほら、ウチ写真屋でしょ?

この前、そのインスタントカメラを10個も現像に持ち込んできた女の子がいてサ。

26枚撮り10個だよ?

何をそんなに撮ったんだよ……て思いながら、現像したらさ。

女の子が、ベットの上に寝転んで、腕を真上に伸ばして自撮りしてんのね。

最初の1~2枚は普通なんだけど、枚数を重ねる内に段々……女の子の頭の下から黒い染みみたいな物が広がっていくんだ。

nextpage

何だこれ?って思ったよ。

徐々に女の子の身体を中心に、ベットが黒くなって……次の写真じゃ、その染みに女の子の身体が呑み込まれていってんの。

穴の中に沈んで行くみたいにさ。

女の子の表情が、スゲー強張ってんの。

それがまたリアルでさ!トリック写真じゃ、ここまで出来ないよな……ってくらい、怯えてんの。

nextpage

………不思議なのはさ、最後の数枚は明らかにカメラから腕が離れてるの。

両腕を空に伸ばした体勢で、染みの中に沈んでく感じ……分かるかな?

そんでラストの1枚は、今まで人が寝てた形跡だけが残ったベットを上から撮ってるのね。

nextpage

……おかしいでしょ?

インスタントカメラだよ?

1回1回フイルムをジコジコ巻きながらパシャリとやらなきゃ、撮れないカメラで天井から撮影してる写真なんだよ?

nextpage

…………え?……いや、違うよ、260枚に分割されてたんじゃない。

26枚で1人消える……うん……10人分、あったんだよ。

受け渡しの日にね……写真出しに来た時と同じ女の子が取りに来たんだけど……

『この写真、怖いよね?』ってニッコリ笑って言ったんだよ……。

あの笑顔が…………一番怖かったなぁ……。

nextpage

第五十五話

【アシが……】ー尾道さんの話ー

俺の出身地はさ、中途半端に海が近かかったせいで、学校の授業に『海学習』てんのがあったんだよ。

ま、要するに海水浴だ。

これが苦痛でさ~!バスに揺られて1時間半だぞ?

大して近くもねーし、遠足気分で丁度良かったのかも知れねーが、泳げなかった俺は、嫌で嫌で仕方なかった。

nextpage

メインイベントが遠泳でな……遠くの浮きまで泳いで、Uターンして戻るだけの何の面白味も無いモンだった。

泳げる奴は良いだろうけど、俺みたいに泳げない奴にとっては足がつかないだけで、とてつもない恐怖……その上、プールと違って掴まる所もない。

今だったら、生徒の自主性とか個性の尊重とか理由を付けてやらなくていい……なんてなるんだろうけど、あの当時はそうじゃなかった。

クラスで泳げなかったのは、俺と八木って気の弱い男だけでな。

松○修造バリに熱血漢の担任が、『俺のクラスでリタイアは許さん!!』とか言ってんだぜ……俺も八木も涙目だったさ。

nextpage

結果、2人共に半分溺れ、たらふく海水を飲みながらも何とかゴールする事が出来た。

修造モドキの担任と、ドベでゴールした八木は熱い抱擁を交わして、オンオン泣いてたよ。

『お前はやれば出来るんだ!!』

『センセェイ!!!』

とか、見てるコッチがドン引きだったさ。

仕舞いには、ガッチリ肩を組んで記念撮影してた…………

八木の顔は光輝いてたな……本当に可哀想な位……。

nextpage

……いや、今の言葉に嫌味はねーよ。

本当に可哀想だったんだよ……この後の八木。

だってこの時の写真が、想い出の写真として廊下に貼り出された時にさ……。

先生達……貼り出す前に、何で気付かなかったんだろう……?

……て不思議になるくらいの、ハッキリとした心霊写真だったんだ。

しかも凄く珍しい類いの、それこそネタになるくらいのヤツでさ。

nextpage

自信に溢れた瞳と満面の笑顔で、先生と並ぶ八木の足には……有り得ないくらい大きな『タコの足に見えるモノ』が絡み着いてた。

それがなんなのか……俺以外にも気付いた人は何人かいたみたいだけどね……誰も…当然、俺も何も言わなかった。

言えるわけないだろう?

『コレ、タコの足じゃなくて、人の顔の集合体だ!』なんて……

勿論、現実には絶対に無い……心霊写真だって皆が騒いで、一躍有名になってしまった。

遠泳で自信を付けて、新しい一歩を踏み出すはずだった八木……目が死んでたよ……。

nextpage

勿論……卒業するまで八木のアダ名は、『たこ八木』だった。

nextpage

第五十六話

【こっくりさん実行写真】ー若の話ー

小学生の頃にな、『学校新聞委員会』に入ってたんだ。

4年生以上の学年1クラスに付き、1人『記者係』ていうのを選出するシステムで、職員室の前の掲示板に、デッカイ手書きの新聞を作って貼り出す係と、ワラ半紙に印刷したミニ新聞を作って配布する係と2つあってさ。

学校からのお知らせ中心の、優等生記事が多い貼り出し新聞より、割とエンタメ中心の配布版の方が好きで、『ミニ新聞係』をやってた。

nextpage

6年の夏前に、ホラー特集やろうって話になって、『七不思議』と『こっくりさん』を記事にする事になったんさ。

どうせなら、『七不思議』の場所の写真と、『こっくりさん』の正しいやり方を写真付きで紹介しようってんで、カメラを持ち込んだんだ。

『七不思議』を撮影して、教室に戻って『こっくりさん』の撮影に入った。

まずは、『こっくりさん』の紙を上からパシャ。

いよいよ儀式の撮影……て時に問題が起こった。

何回呼び掛けても、10円玉が動かないんだよ。

nextpage

…………ん?…いや、呼び出せなかったとは、ちょっと違う。

呼び出せなかったって事は、『何も起こらなかった』って事だろ?

俺達が遭遇したのは、『10円玉が動かない』現象なんだよ。

参加した委員会の奴が、力込めて動かそうとしてるのが見てとれるんだけど、ピクリとも動かない。

全員で同じ方向に引っ張ってみても駄目。

nextpage

仕方ないから皆で10円玉に指を乗せて、写真だけは撮ったけど…………さて、この後はどうやって終わらせればいいんだ?って、頭を抱えてた。

だって『こっくりさん』て、鳥居の所に帰したら終わりだろう?

この『こっくりさん』は鳥居から動かないんだぜ?

『お帰りください』って頼んでも無反応でさ……女子は泣き出すし、下校のチャイムは鳴り出すしでホトホト弱ってたらさ、委員会の顧問の先生が来たんだよ。

nextpage

何やってんだ?早く帰りなさい……なんて呑気な事言ってる先生に事情を説明したら、その先生が突然、10円玉の乗ってる『こっくりさん』の紙を、まるでテーブルクロスを引っ張って抜き取る芸みたいに、サーッと引き抜いたんだ。

唖然とする俺達の目の前で、闘牛士が赤い布を振る時の仕草で『こっくりさん』をヒラヒラさせながら、

『10円玉が動かないなら、紙を動かせ!』

なんて言ってさ。

でもそのお陰なのか何なのか、10円玉も普通に動かせる様になったから、俺達も少しホッとして『現像してやる』って言った先生に、カメラを預けてその日は下校した。

nextpage

本来なら、写真が出来たらそれをレイアウトして、文章書き込んで印刷してから配布するんだけど……その時の俺達の新聞は、翌日全校生徒に配られた。

正確には、新聞では無いな……ワラ半紙イッパイに写真を印刷した物に、

『たのしいタノシイ、こっくりさん』

…………て書き込みしただけの紙を、屋上から撒かれただけだから。

………………うん……犯人は顧問の先生だよ。

ワラ半紙イッパイに印刷された写真は、俺達が指を10円玉に乗せて撮った写真。

紙を上から撮ってるんだけど、『こっくりさん』の紙の上にデカイ人の顔が写り込んでてさ…………10円玉を口にくわえこんでんだよね。

歯と歯でさ、ガッチリ挟みこんでんの……道理で動かない訳だよな……。

……それからすぐ、顧問の先生が学校を去って、学校新聞委員会は廃止になったよ……。

先生…………屋上からワラ半紙を撒いた時……『タスケテ!タスケテ!』って叫びながら、愉しそうにアハハハって嗤ってたんだってさ……

nextpage

第五十七話

【写真のルール】ーマル部長ー

……今晩は!大将!!今日は、タコ串を狙って来ましたよっと!

イヤイヤ……辛子を出すのが早いよ~ww

まだ怖い話、してないでしょ?!

……今日はね、この写真の話を聞いて欲しいんだ。

nextpage

この写真……実は人から預かったんだよね。

その人の話だと、『幸福の座敷わらし』を撮った写真なんだって。

…………ん?……へぇ……大将!女の子が見えるんだ?

いや、僕には見えないよ……見える人と見えない人がいるんだ。

イヤイヤ、本当に!中央に写ってる、可愛らしい人形だけしか見えない。

……人形にしがみついてる女の子……

ああ、それだ!どうやらその子が『座敷わらし』らしい。

nextpage

……あのね、その人が面白い事を言ってた。

この写真の取り扱いについて。

『破ろうが、汚そうが、燃やそうが、何をやっても呪われたりはしないから、好きにすればいい……但し、手元に持っていれば、幸福を運んでくれる。』

『写真の中には、間違いなく“座敷わらし”が入っている……見えなくても問題無い。』

『一番悪いのは、写真の中に“女の子の姿を見る”事だ……仮に女の子の姿を見ても、絶対に写真に女の子が写っているって、人に伝えてはいけない……』

『このルールを破った者は、“座敷わらし”に呪われる……。』

……てさ。

nextpage

…………フフ、大将、固まってるよ。

ゴメン、ゴメン!ちょっとイジメ過ぎだよね?

大丈夫だよ、女の子が見えた事を言ってしまった人の為の、対処法もちゃんと聞いているから。

その方法っていうのはね…………………………

おっと!その話をする前に…………

nextpage

僕ね……怖い話を集めてるんだ……

大将…………何か怖い話、聞かせてよ……?

Normal
閲覧数コメント怖い
65312
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意