百物語【第六十六話〜六十八話】

中編6
  • 表示切替
  • 使い方

百物語【第六十六話〜六十八話】

wallpaper:2899

皆さんのお話が怖いせいか、なんだか部屋の温度が恐ろしく下がっているような気がしません?

ちょっとゾクゾクが止まらないので、ここらへんでまた箸休めを挟んでもよろしいでしょうか。。。

ありがとうございます。

それでは。。。

nextpage

【六十六話目】

これは今から10年ほど前のお話になります。

当時アタシは九州では結構有名なキャバクラチェーン店に勤務していました。

過去にもいくつかそこでの体験話をさせて頂いておりますが、やっぱり薄暗くて人の集まる閉め切った空間って、色んなモノが集まって来ますよね。

そこでも、何度もびっくりするような事がありました。

夜のお仕事って、他のキャストの子達もそうなのですが、相性の良いキャストっていうのがあるんですね。

相性の悪いキャストと一緒に初めてのお客様に着くと、あまり良い結果が出せないのですが、相性の良い子と一緒になると、どちらのお客様も指名で帰ってきて下さる事が多いんです。

なので、複数で来られたお客様の席に、いつもだいたい同じ顔ぶれの女の子が着いている、というのは珍しくない光景でした。

その時も、たいてい一緒に指名される事が多い女の子の一人と、お客様のお見送りの為にエレベーター前に来ていました。

擬似恋愛の世界で、次に逢える日までのお別れを惜しむ付き合いたての彼女のように、アタシ達はお客様と繋いだ手を名残惜しそうに離します。

そして、「また逢いに来てね〜。待ってるからね〜。浮気したら許さないんだからね〜」なんて、真顔で言ったなら勘違いされる事が間違いないセリフを満面の笑顔で言った後、扉が閉まっても深々と頭を下げたまま、エレベーターが降り始めるまで待機します。

たまに閉まったと思って立ち去ろうとするタイミングで開ける、っていうのを、わざと繰り返すお客様がいらっしゃるんですよ。

その時も、エレベーターの表示が下がり始めたのを確認してから、アタシとその子は頭を上げました。

そして、お客様の前では話せない、次の来店に繋げる為の作戦会議とか、お客様へのちょっとした不満なんかを、しばらくエレベーターの前で話し込んでいました。

その時、アタシもその子も、エレベーターが上がってきている事に、全く気付いていなかったんです。

真剣に作戦会議をしていると、不意にエレベーターの扉が開きました。

アタシ達はてっきりお客様が来たのだと思って慌てて立ち去ろうとしながら、いつもの癖で誰のお客様が乗っているのか確認しようとチラリと目線を走らせました。

その、エレベーターの中に見えたのは。。。

扉の向かい側の壁に、つまりアタシ達から見て真正面の壁に、顔も体もピッタリとくっつけるようにしてこちらに背を向け立っている、スーツの男の人の姿でした。

扉が開いたという事は、彼がこの店の階数を押して乗ったという事です。

それなのに、彼はこちらに背を向け、扉から一番遠い場所に立ち、微動だにしないんです。

普通に考えて、おかしいですよね?

エレベーターの扉が開いた事で、マネージャーとレジの女の子が、

「いらっしゃいませ!」

と声を張り上げました。

エレベーター内の異様な光景に、立ち去ろうとした中途半端な姿勢のまま、声も出せずに固まるアタシ達。

そのうち、その人が降りることも無く扉は静かに閉じました。

マネージャーが怪訝な顔で、

「誰だったんですか?」

とか、

「早く次のお客様のところに戻ってください」

とか言っていました。

でもアタシ達はそれどころじゃありませんでした。

扉が閉まったエレベーターは、下に降りるでもなく、上に上がるでもなく、アタシ達のお店の階で止まったままなのです。

アタシ達のところへ来てマネージャーも異変に気付いたようで、しばらく無言でエレベーターを眺めた後、スッと開くボタンを押しました。

shake

あっ!やめて!

と言おうとした時には、既にゆっくりと扉が開き始めていました。

アタシ達はマネージャーの後ろで、無意識に抱きつくような感じで寄り添っていました。

そして、完全に扉が開いた時、アタシ達は思わず

shake

「きゃ━━━━━━━━━━━━っ!!!」

と悲鳴を上げて逃げ出してしまいました。

扉の開いたエレベーターの中には、誰もいなかったんです。

まあ、その後その子と回る全ての席で、話題に困らずに済みましたけど。うふふ。

nextpage

【六十七話目】

次のお話は先程のキャバクラで働いていた、あるウェイターのお話をしようと思います。

彼は、所謂「視える人」でした。

非常階段出入り口の内側に置かれたビールサーバーのある場所は、アタシも絶対に近寄りたくない場所だったのですが、彼はそこでお客様のビールを注ぐ度に、真っ青な顔で脂汗を大量にかいていました。

彼はちょっとふくよかな体型だったんですけど、それでかいている汗と違う事は、彼の表情でなんとなく察していました。

暇な時に、裏の洗い場でお客様へ営業メールを打ちながらその事を聞いたら、そこにいるモノを教えてくれました。

ビールサーバーと非常階段へ続く重い鉄扉との隙間に、真っ赤なドレスを来た女の子がいつもいて、ビールサーバーの所に立つと、彼の顔を感情のない顔で覗き込んで来るんだそうです。

それも、ビールサーバーと彼の顔の間に、頭を突っ込むようにして。

ちなみに彼はとても大人しくて気が弱く、キャストの女の子達のストレス発散の、恰好の的でした。

茶化したり弄りたおしたりして、その度に顔を真っ赤にしながら照れまくり、オドオドする彼の反応を女の子達は爆笑していました。

そんな彼ですから、この真っ赤なドレスの女の人の事も、スルーできなかったんでしょうね。

毎回ペコペコ頭を下げて、心の中で「すいません、ビール注がせてください。すぐ終わりますんで」と言っていたそうです。

絶対視えてる事を気付かれたらダメそうなタイプっぽいのに、それに向かってペコペコするなんて、彼らしいですよね。ふふっ。

nextpage

【六十八話目】

このお話も彼の話なのですが、このお店には裏の洗い場にも非常階段があって、出入口の鉄扉はいつも開放されていました。

そこは、レギュラーではないアルバイトの女の子達が、営業時間内に入退店する時に使用する出入口なのですが。。。

この階段の2階の踊り場部分が、なんと言うか、すごく気持ち悪いんです。

彼にその話をした事はなかったのですが、ある日、指名のお客様が来店する予定がなくて、お店も暇なので、洗い場のそばに置かれたお茶のダンボールに座って営業メールを打っていると、非常階段からものすごく焦った彼が、真っ白な顔をして駆け上がって来ました。

彼はキャストの一人から頼まれたストッキングを買いに薬局までお遣いに行っていたのですが、それをセンターに預けてくると、洗い場に戻って来るなり脱力しながら

「こ、怖かった。。。」

と呟いていました。

どうしたの?と聞いてみると、足に追っかけられた、と。

足????足だけ???

と理解に苦しんでいると詳しく話してくれたのですが、その話のせいで一人では絶対にその階段は通らない!と決意しました。

彼が言うには、その階段の2階には、いつもサラリーマンが立っているそうなのです。

最初は2階にあるお店の従業員だと思って、すれ違う時に

「お疲れ様です」

と頭を下げて通り過ぎていました。

視える人である彼が、この世の人ではないと気付かないほどに、とても普通に視えたのです。

でも、その【彼】は答えない。それどころか微動だにしない。

そこでようやく違和感に気付いて、そして同時に「ヤバイ!」と思いました。

ビールサーバーのそばの女の子にさえペコペコしてしまう彼でも、その階段にいるサラリーマンにはヤバさを感じたのです。

慌てた彼は、心の中で

「ごめんなさい、僕にはどうする事もできません。どうか付いてこないでください」

と言いながら通るようにしていました。

その日も、同じようにして通り過ぎた時、階段を踏み外してちょっと転けた彼。

その時、前のめりになった彼の視界の端、自分の足の少し下に、サラリーマンの足だけが彼の方向に向かって歩いて来ているのが視えました。

shake

「ヤバイ!付いてくる!」

彼の頭の中には、瞬時にその事が浮かびました。

慌てて階段を駆け上がり、頼まれていたストッキングをセンターに預けると、洗い場の方に来て、「怖かった」と呟いた後に、塩水でうがいをしていました。

話し終えた彼は最後に一言、

「もしこの階段を使う時は、2階では絶対に立ち止まらないようにしてくださいね」

と言ってホールへと戻って行きました。

nextpage

え〜、予定では2話のつもりだったんですが、話しているうちに思い出して3話になってしまいました。

小休止のおやつくらいにはなったでしょうか。

では、次の方、お願いします。

wallpaper:3351

Normal
閲覧数コメント怖い
74719
26
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

三話とも実にリアリティがあり、怖かとばってんです!

僕も若い頃にキャバクラに異常がないか足繁く通っていた時期があるのですが、ある日入店してすぐに酔い潰れて寝てしまいました。起きたら連れがおらず、ボーイさんから4万円のお代金表を見せられましたとさ…とほほ…

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

まりかさん!これは怖いです(゚o゚;;
過去にエレベーターにまつわる怖話を見た事がありますが、それ以上にまりかさんの話が上回っており、より鮮明に映像として映し出されました!
エレベーター内にいた人の霊、赤ドレスの女性、付いてくる足… 考えただけで震えます。。
今日は家で大人しくすることにしますf^_^;

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意