百物語【八十七~八十八話】

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

百物語【八十七~八十八話】

皆さま、お晩でございます。再びの綿貫(わたぬき)でございます。

紫音さんの栃木弁怪談、よかったですねえ。日常に根差した怖さを感じます。

さて、もう八十番代ですか。大詰めですねえ。

鬼が出るか、蛇が出るか。はてさて。

それでは、こんなハナシを。

nextpage

第八十七話【酒】

知り合いの女性、Sさんから聞いた話である。

Sさん自身は、親戚の集まりでおじさんから聞いたと言っていた。

nextpage

「Sちゃん、もうお酒はいける歳かい?

そうかあ。大きくなったなあ。こないだまで、こんなに小さかったのになあ。

おじさん、Sちゃんのオムツ替えてあげたこともあるんだよ?

ハハハハハ(グイッ)、ふう~。

おじさん呑みすぎちゃったかな。

ん?お水?ありがとなあ。小休止小休止。

nextpage

Sちゃん、おじさんの仕事は知ってたかい?

そう、杜氏(とうじ)ってやつだ。酒を造るのがおじさんのお仕事だ。

おじさん、酒を呑むのも好きだからなあ。

美味い酒になるよう、毎年頑張ってるんだぞ?ハハハハハ。

nextpage

………昔なあ、二十年くらい前のことだけど。

うまぁい酒が出来た年があったんだ。

美味かったなあ。

旨かった。

なかなか出来んよ、あんな酒は。

nextpage

……事故があったんだ。その年は。

nextpage

酒造りの途中になあ。

仲間の一人が、急に姿が見えなくなった。

家のもんに聞いても、行方が分からなくてなあ。

警察に届けたんだが、見つからんでなあ。

nextpage

……いたよ。

仕込み用タンクの中になあ。

転落してたんだ。

nextpage

仕込みタンクは高さ2メートル、直径1.1メートル。

醪(もろみ)の様子を見に行ってたんだろうなあ。

酵母ってやつはなあ、アルコールを醗酵させる時に大量の二酸化炭素も発生させんだ。

二酸化炭素は酸素よりも重いから、醗酵中のタンクの水面付近には二酸化炭素が溜まる。そこは100%無酸素状態なんだ。

だからなあ、転落すれば溺死じゃあない、窒息死するんだよ。

nextpage

タンクに顔を近づけすぎると、タンクからあふれかえってる二酸化炭素を吸って、目が眩んで落ちるということもあんだ。

すげえもんだぞ?

目と鼻をガツンと殴られたみたいになってなあ。

咳き込み、鼻が曲がり、涙が出て。

……そんで落ちたんかなあ。

nextpage

……うまぁかったなあ、その年の酒は。

nextpage

……今年の酒もうまぁいんだ、これが。

ハハハハハ。

nextpage

第八十八話【ビデオ】

会社員の男性、Iさんから聞いた話だ。

nextpage

お盆の里帰りの時期に、Iさんの地元で小学校の同窓会が開かれた。

十年ぶりくらいに顔を合わせる友達もいて、皆変わっていて、それでも根は変わってなくて、大層盛り上がったそうだ。

nextpage

場所は居酒屋の和室で、同窓会メンバーだけで三十人からの大人数。

酒も入って人も入り乱れ、ガヤガヤと騒がしかった。

そんな中、Iさんの親友Oさんが、皆の様子をビデオに収めていた。

nextpage

後日、Oさんからビデオテープが届いた。

Iさんは早速、それを再生した。

nextpage

『ねえNさん、Iって小学校の時、Nさんのこと好きだったんだぜ』

撮影者のOさんの声が画面外から聞こえる。

カメラを向けられたIさんの顔が映る。

『おい!O、やめろよ、恥ずかしいだろ!』

画面を覆おうとするIさんの手のひら。

Oさんが飛びのいてそれを躱す。画面が揺れる。

続いてNさん。

『やだー、そうだったの?Iくん。でもゴメンねぇ。私もう結婚して、こんなおチビちゃんがいるんだよ?ねー』

Nさんのひざの上でやんちゃな男の子が暴れている。

nextpage

Oさんが居酒屋内を歩き回り、様々なメンバーたちにカメラを向けていた。

楽しい映像だった。

しばらく見ていると、テープが最後まで再生されたようだ。

Iさんは自分たちが映っている場面をもう一度見たくなり、巻き戻しボタンを押した。

画面に映像が映りながら、逆再生されていく。

nextpage

shake

きゅるきゅるきゅるきゅる

nextpage

違和感を感じた。

目の前を通り過ぎた映像になにか。

nextpage

早送り

shake

きゅるきゅるきゅるきゅる

nextpage

巻き戻し

shake

きゅるきゅるきゅるきゅる

nextpage

早送り

shake

きゅるきゅるきゅるきゅる

nextpage

巻き戻し

shake

きゅるきゅるきゅるきゅる

nextpage

ああ、わかった。

逆再生される光景、盛り上がる同級生たち、その背後の居酒屋の店内。

そこに小さく映っていた。

和室の奥の廊下を、痩せた長身の男がフラフラとふらつきながら歩いていく。

酔ってトイレにでも行こうとしているのだろう。

その様子がコマ送りされている。

nextpage

逆再生する光景の中で、男だけが自然に見える。

正面を向いて、前進する。

当然、普通に再生すると。

nextpage

気味の悪い動きをする男は、ざわついた店内を誰からも奇異な目で見られずに、画面の外へと消えた。

Normal
閲覧数コメント怖い
52216
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

綿貫さん、内容は明るいかと思いきや酒の恐怖…
あり得る事故だから余計に怖いですよ。。
私は酒は飲めないので助かりました(笑)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意