中編4
  • 表示切替
  • 使い方

百物語【第九十三話】

wallpaper:2899

とうとうあと七話ですね!

普段は標準語で語らせて貰っていますが、最後のお話という事で、ちょっとだけしおたんの真似をして、セリフの部分を地元宮崎弁に変えてお話したいと思います。

ところどころお聞き苦しい部分があるかと思いますが、お付き合いよろしくお願いします。

nextpage

【九十三話目】

アタシの最後のお話は、20代前半の頃の体験です。

この頃は住居も親の店のあるビルに移っており、4階の自宅と3階の店舗を行ったり来たりする毎日でした。

その日も、仕事でクタクタに疲れ、泥のように眠っていました。

。。。。眠っていた、はずでした。

普段一度眠ったら朝まで絶対に起きる事はないのに、その日は珍しく、夜中にふと目が覚めたんです。

夜中なので、部屋は真っ暗だし、家族はみんな寝静まっています。

なんで目が覚めたっちゃろう

と、寝ぼけた頭でぼんやり考えていると、足元からゾワッという感覚が来て、次の瞬間キーンという大きな耳鳴りがしました。

耳鳴りの経験がある人ならわかると思いますが、耳鳴りが始まる直前に、耳の中が真空状態にでもなったような、無音の状態になりますよね?

時間にしたら1秒もないと思うんですが、その数瞬に、あ、耳鳴りが来る、と思ったんです。

キーンという音だけが耳の奥で聞こえ、考える間もなく息ができなくなりました。

うまく呼吸ができないというか、空気の薄いところにいるような、そんな感覚ですね。

そして「うう。。」と思った瞬間、全身にとてつもない重力がかかったようになって、動けなくなったんです。

ジェットコースターに乗ってものすごいスピードで走ってる時の、Gがかかってるような感じ、と言ったらわかるでしょうか。

まるで布団に全身を押し付けられているような、沈んでいくような感覚の中、アタシは身動きできない恐怖でいっぱいでした。

なんか来たらどんげしよう

なんか見えたらどんげしよう

と、怖くて力いっぱい目を閉じました。

すると、足首に氷のように冷たい何かが触れたんです。

指先一つ動かせない状況で、足は布団の中。

そんな冷たい物が自然に当たるような事、ないはずですよね?

突然の事に対する驚きと、説明のつかない出来事への恐怖で、アタシはパニックを起こしました。

母や妹に助けを求めたくても、うめき声も出せません。

その場からなんとか逃げ出したくて、体のあちこちに力を込めたりしてみましたが、何の効果もありません。

その間に、冷たい何かはだんだん、滑るようにアタシの体を這い上がって来たんです。

いよいよ胸の辺りに来た時、

どんげしようどんげしよう

と泣きそうになっていたら、いきなり瞼が開きました。

自分の意志じゃないですよ?

えっ、と驚いたアタシの目の前には、男の人の顔がありました。

恐怖で体が硬直し、喉の奥をきゅっと締め付けられたように苦しくなって、それなのに、気を失う事もなくて、アタシはその男の人の顔を直視したまま涙目になっていました。

どのくらい見つめ合っていたでしょうか。

男の人の目が、頬の筋肉に押し上げられてみかづき形に変形し、左右の口角がにぃーっと歪んでいくのです。

でも、顔は笑っているのに、目の中は全然笑っていないんです。

とても悪意に満ちた笑顔でした。

もう、心臓は破裂するんじゃないかと思うくらいバクバク言っています。

あまりに怖くて何も考えらずにいると、男の人の口が動き始めました。

ボソボソ何か言っているようでした。

何を言っているのかなんて聞きたくもなくて、でも耳を塞ぐこともできず大声をあげて男の人の声をかき消す事もできなくて、

嫌や!嫌や!てげ怖い!!

と思っていると、だんだん男の人の声がはっきりしてきました。

「お前も来い。お前も来い」

と、男の人はずっと繰り返していました。

お前も来いってなん?

アタシ連れて行かれると?

と、もう恐怖の限界で、いつ気絶してもおかしくない精神状態でした。

その時、二段ベッドの下で寝ているはずの妹が、アタシの寝ているベッドの板、妹から見たら天井板を、バンッ!!と叩いてきました。

その瞬間、男の人の姿はスッと消え、体にのしかかっていた重力も無くなって、あれだけ苦しかった呼吸も楽になりました。

ぶはっ、という感じで呼吸ができるようになり、息を整えながら未だおさまらない恐怖の余韻に震えていると、妹が下から、

「お姉ちゃん大丈夫や?」

と聞いてきました。

質問の意味が理解できずにいると、起き上がった妹がベッドの下からひょこっと顔を出し、

「変な奴来ちょったねぇ。一緒ん寝る?」

と言ってきました。

普段は周りから「寄ると触ると喧嘩する」と言われ、あまり仲が良くなかった妹でしたが、この時は、妹が気付いてくれた事、そして助ける為にベッドを叩いてくれた事に、心の底から感謝しました。

それから子供用の狭い二段ベッドの、妹の布団で、二人並んで朝まで眠りました。

起きた時、その光景に母親がとても驚いていましたけどね。

nextpage

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

残り六話です。気を引き締めていかないとですね。

wallpaper:3333

Normal
閲覧数コメント怖い
80219
25
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ともすけさん、さっきは早とちりでコメ返しちゃってごめんなさい。゚(っω`c)゚。
そしてさっきのアタシのコメントは消してしまったので改めて。。。

コメント怖ポチありがとうございます♡
金縛りの状況、共感してくださって嬉しいです。
金縛るだけで他に何も起きなくても、充分すぎるほど怖いですよね!
まして何か視えた日にゃあ、口から魂がこんにちはしちゃいますよねw

真矢さんこんばんわ〜(*´ω`*)←勝手に縮めてごめんなさい!
コメント怖ポチありがとうございます♡
めっちゃ怖がってもらえましたか!!嬉しいです!
ホント、妹が起きてくれて助かりました( ;∀;)
「お前も来い」とかどこに来いって言ってるのか怖すぎて、最後まで言われなくて良かったです( ;∀;)

あぁ… 埋まりましたかf^_^;
いやはや、新作に夢中で出遅れてしまいました。。
すみませんm(_ _)m
改めて今後の作品に努めていきますね(^^)
まりかさん、数々の百物語、お疲れ様でした(*^^*)m(_ _)m

表示
ネタバレ注意

まりかさんの最後の百物語、素晴らしかったです!(*^^*)
金縛りは私もよくあうのですごくわかります。
前兆、かかった際の無酸素状態といいますか、そして張り付けられたかのように言うことの聞かない身体。。
その時の恐怖は大人でも大きいですしね(; ̄O ̄)
まりかさんに便乗して、私も新作の前に最後の百物語を出します(^^)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意